特集

2017/09/06

世界一イケメンな大統領 エンリケ・ペーニャ・ニエトってどんな人?

2012年の大統領選に当選し、第57代メキシコ大統領に就任したエンリケ・ペーニャ・ニエト氏。ハリウッドスターさながらのハンサムさで、世界一イケメンな大統領として話題に。今回はそんな彼の人物像をエピソードと共に迫ります。

出典 - https://dailynet366.com/5195.html

ニエト大統領は、1966年7月20日メヒコ州はアトラコムルコ市に生まれました。安倍晋三総理大臣が現在62歳ですので、51歳のニエト大統領はかなり若いですね。しかも、就任した2012年は、当時46歳という若さですから驚きです。パンアメリカン大学法学部を卒業し、モンテレイ工科大学でMBAを取得しました。そんな輝かしい経歴を持つニエト大統領ですが、父は電気技術者、母は教師とごく普通の家庭で育ちました。1984年 PRI (制度的革命党)に入党し、 2005年から2011年までメヒコ州知事を経て、2012年12月第57代メキシコ大統領に就任しました。

エピソード① 貧困問題が深刻なメキシコで豪遊⁉

出典 - http://www.cunadegrillos.com/2016/08/17/cuanto-cuestan-el-palacio-nacional-y-los-pinos/

 ニエト大統領は、「ロス ピノス」という大統領官邸で暮らしているそうです。この大豪邸には、厳重な警備が敷かれており、住居だけではなく、オフィス、図書館、食堂、パーティールームもあるのだとか…また、2014年には5.8億米ドルもする大統領専用ジェット機も購入。衣服は普段、「世界一高級な紳士服」といわれるLa Casa De Bijanで購入するそうです。しかし、これらの購入に不正疑惑もささやかれているのだとか。とにかく、華やかな生活をされていることは確かですね。

エピソード② アジアの中でも特に日本との関係を重視

出典 - http://www.adnpolitico.com/gobierno/2013/04/08/pena-acuerda-con-japon-trabajar-contra-crimen-transnacional

 ニエト大統領は親日家として知られており、アジアの中でも特に日本との関係を重要視しているようです。2011年3月11日に起きた東日本大震災の時、当時メヒコ州知事だったニエト大統領は、自ら在メキシコ日本大使館に多額の寄付をしました。また、就任後2013年に来日した際には皇居・宮殿を訪問し、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻と昼食も共にされたようです。これから日墨関係がさらに深いものになればいいですね。

エピソード③ 院生時代の論文で盗用⁉

出典 - http://www.sopitas.com/687403-pena-nieto-epn-cosas-buenas-se-cuentan/

 ニエト大統領がパンアメリカ大学の法科院生だった26年前、論文の一部で盗用があったことを地元紙が報じました。論文のおおよそ3分の1が著作権侵害にあたる盗用が発覚し、なんとすぐにパンアメリカ大学も認めちゃったという。お国柄の違いでしょうか。日本だったら徹底的に叩かれますよね…しかし、発覚したのが昨年の8月だったのですが、当時の支持率は23%と過去最低を記録しました。

今後の動向に注目!

いかがだったでしょうか?ニエト大統領の人物像が少し見えたのではないでしょうか。世界一イケメンな大統領として注目される反面、良くも悪くも意外な一面がある人のようですね。果たしてニエト大統領は、メキシコ経済発展の英雄となるのでしょうか。はたまた、ただのハンサム大統領で終わってしまうのでしょうか。その動向に目が離せません!

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 関西大学に通う21歳です!スペイン語や中南米市場に興味を持ち、日々勉強中。語学も記事執筆もまだまだ半人前ですが、皆さんに楽しんで読んでもらえる記事を精一杯書いていきます!宜しくお願いします。 Facebookの申請もお待ちしております!

特集

amigaピックアップ