特集

2016/06/17

カンクンで伝説の「渡り蟹らあめん」を喰らえ!らーめんに飢えた日本人、涙の食レポ

カンクンへ行かれる日本人ならば、ぜひ、いや必ず食べなければならないらーめんをご存知でしょうか。「火ろ屋」の渡り蟹らあめん、渾身の食レポです!

出典 - https://www.facebook.com/ramenhiroya/

らーめんに飢えるメキシコ生活に飛び込んだ、「蟹らーめん」の噂。

「カンクンに、伝説の蟹らーめんがあるらしい。」

「日本人がやっているらしい。」

「死ぬほどうまいらしい。」

その噂を聞いたのがいつのことかは忘れた。

しかしメキシコに来てから、大好物の「純日本風家系太麺豚骨らーめん」が食べられず、

日々友人から嫌がらせのごとく送られてくる「家系らーめん」(写真)にもがき苦しんでいた私は、

すぐに決めた。

「蟹らーめんを食べに、カンクンに行こう。」

世界最高のリゾート地カンクン!こんなところにラーメン屋があるのか?

というわけで、カンクンに到着!!

白い砂浜と青い海のビーチに、美味しい魚介、楽しいマリンスポーツ…

オールインクルーシブのホテルでは、寝て、食べて、泳いで、心ゆくまでエンドレスリピート…

西に南に脚を伸ばせば、古代文明が脈打つチチェンイツァ遺跡にトゥルム遺跡が…

圧倒的な歴史の深さと美しさ、充実のアクティビティーを誇る、最高のリゾート地、カンクン。

アメリカ人のリゾートなんて言わせない。カンクン。

しかし!今回のお目当ては、伝説の「蟹らーめん」。

聞くところによると、名前はhiroyaというそうだ。

google mapを開き、「カンクン hiroya」で検索。(注:Ramen Hiroyaだと、別の店舗に飛ばされます)

カンクンのホテルエリアにひっそり店を構えている、という噂通り、カンクンのやや北に位置するホテルゾーンにピンが刺さる。

早速その辺りまで行ってみるが、これが少しわかりにくい。

Aloft Hotelの辺りを探すも、なかなか見当たらない…

「この辺日本料理屋ある?」と聞くと、

「うん、いくつかあるよ」と言われてしまう…

ここでちょっとピンときた私。地図のこの広場みたいなのはなんだ?

コンビニOXXOの手前に、こじんまりした円形の建物があったので、建物の形に沿って進んでいく。

まもなく、「火ろ屋」「らあめん」ののぼりが見えた。

あった、ここだ。

どこまでもミステリアスな伝説のらーめん屋だ…

衝撃のビジュアルと値段!しかし真っ赤な蟹の甲羅の誘惑には抗いがたい。

店に入ると、日本人店主の方が迎えてくれた。それだけで少しホッとする。

落ち着いた雰囲気で、外の風を感じられる半テラス席に通された。

過去に旅番組「世界さまぁ〜リゾート」に出たこともあるようで、キャプチャが壁に貼ってある。

よく見ると、らーめんの上に真っ赤に輝く蟹がどーん、生き生きとした巨大ロブスターがどーん…

かなり衝撃的なビジュアルだ。

すぐに噂の「渡り蟹らあめん」を注文。

お値段は250ペソと、(控えめに言っても)かなりお高めだが、ここはリゾート地カンクン。なにより10ヶ月ぶりの好物のらーめん。

目を瞑ろう。むしろいくらでも出そう。

そわそわしながら待つこと約15分…

出てきた!なんだこれは!

蟹が、大きな器からはみ出そうだ。

さらに驚きなのがこの蟹、ただの飾りじゃない。身がしっかりたっぷり詰まっている。

この渡り蟹はカンクンで採れるそうで、とても新鮮だとか。

ということで10ヶ月ぶりのらーめん、伝説の「渡り蟹らあめん」。

心して、いただきます!

日本人でよかった…念願の「渡り蟹らあめん」は、あまりに濃くてうまかった。

一口食べて確信した。これは絶品だ。

日本のらーめんに引けを取らないスープの濃さと旨味、

そしてスープの味をはねつけない程よい固さの中太麺、

衝撃を受けた。このふたつがしっかりと絡み合い、絶妙なハーモニーを奏でている!

うまい!!これが食べたかったのだ!

そして見た目から美味しいこと間違いなしの蟹さん。

身がこんなに。みそも。卵も。

魚介が大好きな私、貪りつくしました。

バリバリと噛むほど、中からどんどん身が出てくる!

そしてこんなにぷりぷりなのは新鮮だからなのか。

あまりにうますぎて、半泣きで無心に食べていたら、

あっという間に、食べ終わってしまった。

日本から遠く離れたカンクンで、こんなに日本を感じられるとは!

日本人でよかった。らーめんって、すばらしい!

純日本風らーめんに飢えているみなさんに、必ず食べて欲しい。

そんな感動体験すらできてしまう、カンクンのらあめん「火ろ屋」。

みなさんもぜひ、いや、絶対に足を運んでみてください!

特に、日本の濃いらーめんの味が恋しくてたまらない、長期滞在者のみなさん。

きっと泣かされます。

ちなみに、ロブスターらーめんやハバネロらーめん、普通のらーめんもあります。

どうぞご賞味ください!

関連記事

カンクンで和食材を買うならKUME!初心者におすすめのカリブ海・メキシコ湾 メキシコでサーフィンがしたいvol.4
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: メキシコへ1年間の留学で、メキシコに染まりすぎた日本人。現在、最後の学生生活を日本で満喫中。¡¡VIVA MÉXICO y VIVA LA VIDA!!

特集

amigaピックアップ