関連キーワード

特集

2016/06/28

あなたの知らない「スペイン語の世界」と「ラテンの国々」

スペイン語と一口にいっても、各国それぞれ発音や語彙が異なります。また中南米は広大な面積を世界で占めており、各国それぞれ特色があり、住んでいる人種も異なります。日本人にとってそんな未知なスペイン語とラテンの世界を紹介していきます。

スペイン語を学ぶのはカンタンなのか?

よく「スペイン語って、カンタン?」とカジュアルに、まるでカフェでコーヒーを頼むような軽い感じで日本人の友人知人から聞かれることがある。

社交性に富んだ僕は大抵の場合、「カンタンだよ!母音の数が日本語と同じだからね」ともっともらしく笑顔で答えるようにはしている。しかし、本当にカンタンなのだろうか・・・・

「カンタンじゃねーよ、バカ。動詞の活用なんて山ほどあって、接続法とか線過去とか再帰動詞とか、英語にない文法があって大変なんだよ!」と答えるのが正しいとは思わないが、本当のところはどうなのだろうか?

1. スペイン語の発音

日本人が英語を学ぶ際で一番難しいのは、発音だ。

だが、スペイン語は前述したように母音の数が日本語と同じ数なので、発音で苦労することはあまりない。

唯一の例外が、R(アール)の発音である。

この動画では、R、RR、それにLの発音の違いを説明しているので、ぜひご覧いただきたい。日本人はよく「R」と「L」の発音の違いが分からない人種と揶揄されるが、「R」の発音は確かに難しい。そして、さらにそれを一層強調した「RR」の発音には苦労するかもしれない。

ただ、スペイン語では、「B」と「V」は同じ発音だし、Hは発音しないので、「TH」の発音で苦労することもない。

R、RRの発音さえクリアすれば、あとはそれほど難しくはないと言える。また文頭のRはRRのように強調して発音するので注意したい。とくにメキシコではほかのラテンの国よりも、より強く発音する傾向がある。例えば、「rock'n'roll」などはかなり巻き舌で勢いよく言わないと通じないことが多い。

2. スペイン語のボキャブラリー

メキシコ人の友人から「どうやってスペイン語を学んだの?」と聞かれることがある。だから、「いや、ほんと何も知らなかったから、¡HOLA!(こんにちは)から単語を覚えていったよ!」というと冗談だと思われる。

そうなのだ、問題はそこなのだ。

日本人であれば、車や牛乳など簡単な単語であれば誰でも英語で言えることができるが、それがスペイン語となると、まるで分からない。

日常生活に使う単語は2000語から3000語と言われているので、それらを暗記する必要がある。ただ、その際に動詞をまずは暗記するのが先決だ。固有名詞に関しては、必要となったときに覚えるので、まずは文章を構成するのに一番重要な動詞の活用を覚えていけば、挨拶やちょっとした会話などはすぐにできるようになる。

3. スペイン語のリスニング

このあいだアルゼンチン人の友人が日本に来たので、上野を案内した。アルゼンチン人2人に日本人は自分一人なので、当然会話はすべてスペイン語だ。

ブエノスアイレスには合計3年近く滞在したが、それでもやはり久しぶりのアルゼンチン人のマシンガントークについていくのは骨が折れた。1対1の会話であればそれほど不自由しないが、アルゼンチン人同士の会話についていくのは中々骨が折れる。

一度、メキシコ人の友人とアルゼンチンに一緒に行ったが、時々そのメキシコ人の友人に「彼らはなんて言っているの?」と通訳を求められたほどメキシコ人にとっても彼らのスペイン語は異質だ。

外国語をあまり勉強したことがない人は、「スピーキングが一番難しい」と思いがちだが、一番の難関はどんな言語であってもリスニングだ。国や人によって、千差万別なのでそれをきちんと聞き分けるのは難しいし、グループ同士の会話は周囲の雑音などもあり、聞き取りが難しい。

ちなみにメキシコ人のスペイン語はアルゼンチンに比べると、とてもゆっくりで聞き取りやすい。さらにコロンビア人のスペイン語も発音がきれいだし、メキシコ人に輪をかけてゆっくり話す人が多い。

次回はスピーキングと文法について掘り下げていきますので、乞うご期待!

スペイン語オンラインスクールに興味がある方はこちら!海外在住の日本語通訳と企業のマッチングサイト:ワンズワードコネクト

関連記事

セクシーなスペイン語の哲学的な考察:文法を正しく理解しよう
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 2009年よりオンライン英会話・スペイン語スクール「ワンズワードオンライン」を立ち上げる。 https://jp.oneswordonline.com また2011年よりブエノスアイレスに滞在し、スペイン語とタンゴを学ぶ。そして、2013年より世界一周の旅に出かけてメキシコにたどり着き、それ以降2年間滞在する。 2016年5月より「海外在住の日本語通訳と企業のマッチングサイト:ワンズワードコネクト」を立ち上げる。 https://connect.oneswordonline.com

特集

amigaピックアップ