関連キーワード

特集

【NEWS】在メキシコ大使の髙瀨氏、「メキシコとの関係性をより一層強化」

駐メキシコ日本国特命全権大使の髙瀨寧(やすし)氏が、「メキシコと日本の関係性は非常に密接であり、今後も二国間の友好関係を強化していく。」と表明しました。また、2017年9月のメキシコ地震発生後、日本が派遣した救助隊を暖かく迎えてくれたことに改めて感謝の意を述べました。

出典 - http://www.eluniversal.com.mx/english/mexico-and-japan-strengthen-bonds

 駐メキシコ日本国特命全権大使の髙瀨寧氏が、「メキシコと日本の関係性は非常に密接であり、両国民の繋がりが国家間の関係性の基盤となる。」と語り、今後も二国間の友好関係を強化していくと強調しました。

 髙瀨氏は2017年9月7日(木)にメキシコで発生したマグニチュード8.2の地震、および同月19日(火)に発生したマグニチュード7.1の地震の際、日本が救助隊を派遣し支援活動に加わったことにも触れ、「とても悲しい出来事に直面した。日本が救助隊を派遣した際、メキシコの皆さんは私たちの支援を暖かく迎え入れ、歓迎してくれたことが印象に残っている。」と、不幸な出来事の中でも友情の精神が反映されたことに対し、改めて感謝の意を伝えました。

 両国間の経済状況について髙瀨氏は、「メキシコには1000社以上の日系企業が進出している。その大半はグアナファト州バヒオ地区を拠点としており、閣僚間協議で更なる発展を促進する状況にある。」と述べました。

 最近開催されたアジア太平洋経済協力(APEC)会議の中でも、メキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領と日本の安倍晋三首相は、2018年に両国が外交関係樹立130周年を迎えるにあたり、両国間の関係性を一層強化するとともに、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の進展もともに導いていくことで一致しました。

 今後もさらに日墨関係が発展していくでしょう。

参考記事
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 現在はベトナムに在住。これまでシンガポール、ニュージーランドでもライター活動経験あり。いつの日か、メキシコで暮らすのが夢。

特集

amigaピックアップ