特集

【NEWS】アマゾンがメキシコでオンラインショップのトップに!

 調査会社のEuromonitor International(ユーロモニター・インターナショナル)が、EC大手のAmazon.comがメキシコ最大のインターネット小売業者になる見通しであることを発表しました。しかし、メキシコ人はまだまだクレジットカード詐欺などを警戒しており、依然として現金での支払いが好まれる傾向にあるという見方もあります。

出典 - http://www.eluniversal.com.mx/english/amazon-becomes-mexicos-top-online-retailer

 マーケット調査を行うEuromonitor International(ユーロモニター・インターナショナル)が、EC大手のAmazon.comの2017年の売上高が2016年の約2倍となる見込みで、メキシコ国内のEC市場に大きく貢献したと伝えました。この調査により、Amazon.comがメキシコ最大のインターネット小売業者になる見通しも明らかにされました。

 同社の2016年の売上は、2億4,390万USドル(約275億円)だったのに対し、今年は5億220万USドル(約566億円)と2倍近い数字を記録しています(貿易、市場、データの各調査に基づいていますが、eBayのようなCtoC販売サイトは除外されています)。

 しかし、メキシコ人消費者は依然としてクレジットカード詐欺などを恐れており、現金での支払いが主流であるのが現状で、同国における小売店業界のオンライン販売は3%を上回る程度です。Amazon.comは昨年10月に現金支払いのシステムを導入し、顧客基盤を拡大し始めております。

 アルゼンチン発のオンラインショップ、MercadoLibre(メルカドリブレ)も、2016年から2倍近く売上高を伸ばし、同業界2位となっております。3位はWal-Mart de Mexico(ウォルマート・デ・メヒコ)で、売上は2億5,890万USドル(約292億円)となっています。

 Euromonitor International(ユーロモニター・インターナショナル)は、2018年のメキシコ国内のEC市場は71億USドル(約8,000億円)まで拡大し、2022年には140億USドル(約1兆5,771億円)まで成長すると予想しています。

参考記事
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 現在はベトナムに在住。これまでシンガポール、ニュージーランドでもライター活動経験あり。いつの日か、メキシコで暮らすのが夢。

特集

amigaピックアップ