関連キーワード

特集

【NEWS】メキシコでのアジア車シェア率は50%強、特に日本車が大人気!

 メキシコで販売されている自動車のうち50%強がアジア車で、市場の約50%を日本車と韓国車で占めています。特に人気が高いのが日産で、2017年は国内自動車販売数の上位10車種のうち、5車種が日産でした!

出典 - http://www.eluniversal.com.mx/english/mexicans-prefer-asian-cars

 メキシコで販売されている自動車の50%強がアジア車で、その中でも日本車がトップを占めています。2017年は日産が単独で販売台数23.8%を記録し、人気車種トップ10の中に5車種がランクイン!10年前まではフォード、クライスラー、ゼネラルモーターズといった欧米のメーカーが市場を独占していましたが、近年はその傾向が変わり、現在はアジア車が市場シェア占めるようになりました。メキシコ自動車工業会(Mexican Automotive Industry Association、AMIA)のデータによりますと、メキシコで最も多くの自動車を販売しているのが、日本と韓国のメーカーでした。2017年に国内販売数が増加した自動車メーカーは7社。うち5社がホンダ、起亜、スズキ、アキュラ、いすゞでした。

 

 一方、米国の自動車メーカーは売り上げが低下しています。産業開発および経済発展研究所(Insitute for Industrial Development and Economic Growth)のディレクター、ホセ・ルイス・デ・ラ・クルス(José Luis de la Cruz)氏は、アジア車はデザインや低コスト技術、資金調達能力が向上しており、米国車からの乗り換えに成功しているといいます。全国自動車販売業協会(National Automobile Dealers Association、NADA))によると、2017年は米国でも、ホンダや日産、トヨタが売り上げを伸ばした一方、フォード、ゼネラルモーターズ、フィアットクライスラーは大幅な売り上げ低下を経験したとのことです。

今後も、激動の自働車産業界での生き残りをかけた戦いが続きそうです!!

参考記事
1/1
お気に入り
日本のテレビ54ch見放題!!

著者情報

紹介文: 現在はベトナムに在住。これまでシンガポール、ニュージーランドでもライター活動経験あり。いつの日か、メキシコで暮らすのが夢。

特集

amigaピックアップ