2018/07/11

ラテンポップ界のトップスター、ルイス・ミゲルのドラマが放映中!

ルイス・ミゲルといえばグラミー賞を何度も受賞し、メキシコのみならずラテンアメリカを代表する歌手の一人ですが、現在彼の半生を描いたドラマが放送中です!常に話題を呼んでいるスーパースターの人生が更に注目を集めています。

出典 - https://www.facebook.com/LuisMiguelLaSerie/

スーパーアイドルからスーパースターに

「El Sol」(太陽)との二つ名で呼ばれるほどに、その存在はエンタメ界で輝き続けて来たルイス・ミゲル。ラテンポップが隆盛期を迎えた80年代初頭から中盤は、美少年だった彼の活躍がラテンポップの人気を更に引き上げたともいえるでしょう。ジュークボックスやラジオから流れるこの頃の曲をお聞きになった事のある方も多いのでは?そしてアルバム「ロマンセ」をリリースした20歳頃には大人のシンガーへと華麗に脱皮し、以来、甘い歌声で世界中の女性の溜息を欲しいままにして来ました。現在48歳、ということは活動歴は35年にも及びます。

この間に5回のグラミー受賞、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームにも星を刻みました。しかし、継続した人気を誇りつつも近年ではコンサートの突然のキャンセルや、アメリカで警察に拘留されるなどのトラブルが続き、暗黒の時代と噂される事もありました。そんな中、2017年には久しぶりのフルアルバム「Mexico Por Siempre」が発売され、自身2枚目のランチェラ(メキシコ歌謡)のアルバムはまたまた大ヒット。タイトルツアーは今年2018年2月、メキシコシティはアウディトリオ・ナショナル5daysを7万人超の観客で一杯にし、復活した姿を見せつけました。

出典 - https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Luismiguelconcierto2.png

ドラマ『Luis Miguel la serie』とは

2017年、ルイス・ミゲルの病気説、アルコール中毒説も流れ動向が心配された中、同年5月、アメリカのスペイン語テレビ局Telemundoがドラマ化権を獲得した事が報じられました。間を置かずして、Netflixも放映権を獲得と発表。その後製作期間を経て2018年4月より、毎週日曜夜9時から放送/配信されています。謎が多いとされてきたルイス・ミゲルのプライベート。制作発表時、本人自ら「漸く、自分の人生をつまびらかにする時が来た」との発言がありました。

全13話との発表ですが、前半では父親との軋轢に加え母親の失踪といった悲しい出来事や初恋の女性との交際が描かれています。今後、ドラマ終盤も華やかな芸能界での活躍や有名女性との交際など、(かつてはマライア・キャリーとの交際も報じられました。)ラテンアメリカ制作ドラマらしいホットな場面が期待できます!

キャストの人気も上昇中!

主演で成人後のルイス・ミゲル役は、映画「ロック・オブ・エイジス」(トム・クルーズのヘビメタシンガー役が知られてますよね)でドリュー・ボレーを演じたディエゴ・ボネータ。恋人ステファニー・サラス役のカミラ・ソディはディエゴ・ルナの元妻。別の恋人マリアナ・ジャスベック役のポーリーナ・ダビラは、カンヌ出品ドラマ「Aqui la Tierra」でガエル・ガルシア・ベルナルとも共演しています。作品の人気に恥じぬキャストも見ものです。

まとめ

メキシコを代表するスターであるルイス・ミゲルのドラマがケーブルテレビやNetflixと、少々視聴しづらい放送形態にもかかわらず人気がある理由を感じていただけたでしょうか。ご覧になってない方もこの機会に楽曲などに触れて頂けたら、と思います。日本語での配信については現在全く情報がありませんが、今後の展開に期待したいですね。

1/1
お気に入り
日本のテレビ54ch見放題!!

著者情報

紹介文: タコスギサードとタマリンドとプルケを心から愛する音楽マニアです。 https://www.instagram.com/erikunde/

特集

amigaピックアップ