夏休みの魔法村めぐり コアテペックとシコ村

ベラクルス州には6つの魔法村があります。今回はその中でも夏休みの旅行にぴったりな、メキシコ最古のコーヒーの産地である「コアテペック」と、可愛い街並みと美しい滝のある「シコ村」をご紹介します。緑が萌えるこの季節にハイキングはいかがですか?

出典 - https://monosnap.com/file/zbaol3Q5dtpp306WNJ14F4Qnp6J5dL

こんにちは、JBです。

日本人学校の補習校では、楽しそうな絵画授業や遠足など、夏休みのメニューがお目見えしたようですね。せっかくの夏休み、いつもより少し遠出をして自然に触れ合う小旅行はいかがでしょうか?

今回ご紹介するコアテペックとシコ村があるのは、ベラクルス州のココです!

出典 - https://monosnap.com/file/BiLFGLKEteyYRpNwVmT08US2Kjr0yM

まずはコアテペックから紹介していきます。

メキシコで最も古いコーヒーの産地 コアテペック(Coatepec)

出典 - https://monosnap.com/file/5iTXVQ2Usv9m4Y0h9cLs0FpktCCV9W

ベラクルス州の州都、ハラパから8kmのところにある小さな村コアテペックは、メキシコ人にとって国内で最も古いコーヒー豆の産地として知られています。コーヒー博物館まであり、コーヒーの歴史がわかる展示を見ることができます。また、煎りたての豆を引いたコーヒーを試飲することもできます。

出典 - https://www.tripadvisor.com.mx/

コーヒー博物館 Museo del Cafe, El cafe-tal apan

開館時間:無休 9-17時

住所:El Grande, Coatepec, Ver.

コーヒー博物館

コアテペックでは5月初旬にコーヒーの祭典が開催され、国内外からコーヒー好き達が訪れ1年で一番町が賑やかになります。ぜひその季節にも訪れてみたいものです。

5000種類以上の蘭

コアテペックには、蘭の博物館もあります。5000種類以上の蘭が育てられており、栽培と手入れのプロセスを見ることができます。蘭の受粉の仕組みなどを勉強できるワークショップが開催されています。夏休みの自由研究にぴったりではないでしょうか?

出典 - https://www.facebook.com/MuseodelaOrquidea/

蘭の博物館  Museo de la Orquídeas

開館時間:水曜〜日曜 10-17時

住所:Ignacio Aldama No.20 Centro, Coatepec

蘭の博物館

シコ(Xico)

出典 - https://monosnap.com/file/f1zppDuo5Wd4Gc2GvYGOSoWsjwSnbr

コアテペックから3kmほど西へ行くと、もう一つの魔法村シコ(Xico)があります。コアテペックよりも更に小さい村で、15分程度で集落全体を歩くことができます。村では荷物を運ぶのに、今でも馬が使われています。

出典 - https://monosnap.com/file/QM3iZkI59nqDLn9kJ4hIKLbpZoU1JG

テソロ(Texolo)の滝

ここシコのオススメは村から南へ2km、緑生い茂る中にあるテソロ(Texolo)という滝です。上下に分かれた高低差があるメインの滝(親子滝と名付けました)と、もう1つ小規模ながら綺麗な水流の滝の2つが楽しめます。車で行けるのは、遊歩道の入り口まで。私が行った時間は昼過ぎでしたが、車が50台くらい停まっており、人気のスポットであることがうかがえます。

滝を一望してから遊歩道へ

駐車場から5分ほど歩くと、水音が聞こえてきます。まずは滝の見えるテラスに行ってみます。

出典 - https://monosnap.com/file/osnxeVCC24HNj9zN5lV8bDGK4xY5kP

これがメインの親子滝。想像以上のスケールです。

出典 - https://monosnap.com/file/zbaol3Q5dtpp306WNJ14F4Qnp6J5dL

親子滝の上にある子滝には更に近づくことができます。途中にゲートがあり、ここで10ペソを支払います(2018年時点)。丸太の階段を15分くらい下ると急に開けた断崖沿いに出て、子滝の横に到着です。

滝のそばということもあり、湿った木の階段はかなり滑ります。行かれる際は運動靴をオススメします。

帰りは同じ階段を登ります。あまりの息切れに途中で数えられなくなりましたが、300段くらいあるかもしれません。普段はあまり意識していませんが、こういった際に標高(シコは1300m)を感じます。

出典 - https://monosnap.com/file/NuzLjUXNVNStpMM59gji2Yuvk0DGIx

登りきってゲートをくぐり、歩いて来た遊歩道を少し戻ると、左手に小さな滝への案内と分かれ道があります。こちらは無料で、滝壺まで行くことができます。暑い日でしたが滝野周辺はマイナスイオンのおかげでかなり涼しく快適でした。シートを引いてピクニックをするのにも最適です!

夏の滝は本当に気持ちがいいです!マイナスイオンをたくさん浴びて、日常を忘れ楽しみました。

ベラクルス州には素敵な観光スポットがまだまだあります。またご紹介しますね!

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: メキシコに住み始めてもうすぐ1年、スペイン語を勉強しながら古代遺跡を訪ね歩いています!

特集

amigaピックアップ