【インタビュー】グアナファト大人気レストランマネージャーが抱く"強い想い"

世界遺産グアナファト市にある日本食レストラン「Delica Mitsu」マネージャーの津波古 創平(つはこ そうへい)さん。なぜ日本の裏側、メキシコにいるのか?それは"海外に住みたい"という強い想いからでした。 今回は、そんな行動力溢れる創平さんに迫ります。

野球に明け暮れた幼少期、海外への興味は全くなかった。

私は神奈川県横浜市に生まれました。

小学校から野球を始め、毎日のように野球の練習に明け暮れていました。高校は野球の名門校である横浜高校に入学。しかし、周りのレベルの高さに圧倒され途中で挫折してしまいました。完全に井の中の蛙でしたね(笑)

それからは明確な目標もなく高校を卒業、そのまま大学に入学。

それまでは海外への興味は全くありませんでした。

大学2年生の夏休みに、大学の友達から誘われて海外旅行に行ったのが海外に興味を持ったきっかけです。この時旅行に行ってなかったら今自分はここにいないかもしれないです。

その時はタイとカンボジアに2週間ほど滞在し、日本と全く違う街並み、人の優しさやエネルギーに圧倒されました。この時から漠然と海外に住みたいと思い始めました。

大学でスペイン語を勉強していたので次の年にはスペインに行きました。スペインは本当に素敵な国で、将来はここに住みたい!と思うほどでした。

想いのままに行動してたどり着いたメキシコ

大学2,3年生の経験で、「将来は海外に住む!」と決めていました。幸いなことに周りも背中を押してくれていたので決心は早かったです。

実はメキシコがスペイン語圏だということを初めて知ったのは、住む国を探している時でした(笑)それまでは全く候補にもしていなかったのですが、勉強していたスペイン語が使える事と物価の安さが決め手となり、メキシコへ行くことにしました。スペインに行きたい気持ちも大きかったのですが、物価的に現実的ではなかったので。

大学を卒業してから1年間お金を貯めて、25歳の時にメキシコへ飛びました。グアナファトに決めた理由は、メキシコ国内で学費が1番安い学校があったのがグアナファトだったからです。この時は、とにかく海外に住みたいという想いで行動していました。

メキシコで働くということ

学校に通い始めて半年ほど経ち、次第にお金が底をつき始めたので、学校を辞めてメキシコ料理のレストランで働き始めました。日給80ペソ、最初はひたすら皿洗いの日々。やはり、日本と違う点で苦労したことは沢山あり、自分が前半シフトの時に後半シフトの人が来なくて15時間くらい働いた日もありました。 何故かメキシコ人同士の揉め事の板挟みになってしまい、職場にいづらい時期もあったり。それでも沢山友達ができて、一緒に飲みに行ったりするのはとても楽しく、毎日充実していました。

当時一緒にシェアルームしていた女の子が私のことをDelica Mitsuオーナーの青柳さんに紹介してくれたのがDelica Mitsuで働き始めたきっかけです。青柳さんの方から僕に会いに来てくれたんです。Delica Mitsu が始まって3年目の時でした。私が初めての日本人正社員でした。

それまでは指示される立場だったので、メキシコ人に指示したり、教えたりするのは最初はとても苦労しました。思ったことをうまく伝えられるようになるのにはだいぶ時間がかかりましたね。また、断水と停電が1年間続いてた時期は体力的にも大変でした。このような言葉の壁やインフラが整っていない点に関しては本当にメキシコならではの苦労です。正直この時期がメキシコ生活で1番大変でした(笑)

今後の目標

現在も大変なことはもちろん沢山あるのですが、今ではもう、難しいことに直面してもそれを楽しいと思えるようになりました。Delica Mitsuでの経験が確実に自分を成長させてくれている証拠です。

しかし現状に満足せず、メキシコ人従業員と一緒になってDelica Mitsuをもっと魅力的な店にし、さらなる店舗展開をしていきたいです。そしてもっと多くの人にこの料理を届けたいと思っています。積極的にリードしながらDelica Mitsu を通して自分の可能性をさらに広げていきたいです。

海外で挑戦したい人へのメッセージ

違う土地で生きていくことに対して当然不安はあります。しかし、どんな道に進んだとしても多かれ少なかれ上手くいかないことは必ずあって、不安などを理由に自分の想いに蓋をして後で後悔するのは1番勿体無いと思います。思いっきり挑戦して失敗したとしても、その経験を糧にすればいいだけ。後悔しないためにも自分の想いに正直になってみて下さい。

お名前:津波古 創平さん

お仕事:Delica Mitsu マネージャー

FBホームページ
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ