特集

2017/11/02

メキシコスペイン語第二弾!~ワクワクするメキシコでの会話をあなたに~

前回大好評頂きましたメキシコスペイン語の第二弾です!メキシコ人に「あなたってイチゴだよね」と言われても喜ばないでください!今回も実用的な表現を中心にまとめました!

分かっているようで分からない表現

 単語は聞き取れているんだけど、意味がわからない。そのような経験をメキシコでされた経験はありませんか?それはどんな言語でも共通していますが、その言語、その地域によって独特の表現があります。今回は第一弾に引き続き実用的なメキシコのスペイン語をまとめました。

メキシコ人「水‼」 日本人「⁉」

 メキシコ人と外を歩いている時、雨が降って水たまりがあるわけでもないのに”aguas !”と言われたことはありませんか?

実はこの単語、メキシコでは必ずしも「水」を意味するとは限りません。突然”aguas !”と言われた際には”cuidado !”すなわち「気をつけて!」という意味だと理解してください。

まさに意味に「気をつけて」くださいね。

「あなたってイチゴだよね。」

 日本ではイチゴというとなんだか可愛いイメージがありますが、メキシコでは”fresa”という単語は褒め言葉ではありません。

「昨日はplazaでお買い物をして、カフェでスイーツ食べて、帰りは疲れたからタクシーで家に帰っちゃった」 ”Ay qué fresa eres !”

このような文脈で使われる”fresa”はどのような意味でしょうか。

可愛い?オシャレ?いいえ、違います。このような”fresa”はお金持ちで少し嫌味な感じの人、あえて日本語に訳すなら「ボンボン、お嬢様」と言った感じでしょうか。単純にお金持ちと言いたい場合は他のスペイン語圏の国と同じように”rico/a”が使われますので、間違えないようにしてください。

”onda=波” だけではありません!

 ”onda”と言えば「波」を表す単語として知られていますが、メキシコではやや複雑です。

例えば、若い男性を中心に使われている”Que onda ?”。英語で言うと”What's up ? ”で”Cómo estás ?”よりもカジュアルな表現として使われております。また何が起きているの?という意味でも使われ、単体ではもちろん、”Sabes que onda con él ? (あいつがどうしたか知っているか?)”などとしても使われます。

さらに、感じの良いことには”buena onda”、感じの悪いことに対しては”mala onda”と言うことも出来ます。

”Es mala onda !(あいつは嫌なやつだ!)”と言われないように気をつけてください。

覚えておこう!紛らわしい言葉たち

 ここからはいくつかの紛らわしい言葉を紹介します。

はじめに”pena”について。”Qué pena!”としてよく使われるので耳にしたことがある人も多いでしょう。

スペインでは”Qué lástima !”と同じ意味、つまり「全く残念です」と悲しみなどを表しますが、メキシコなど中南米の国々では「恥じらい」の意味で使われることがほとんどです。

しかしながら、誰がか亡くなられたような文脈では”pena”を使って遺憾な気持ちを表すことも出来ます。少しぐらい間違えても”me da pena(恥ずかしい)”と思わないでくださいね。

 続いて、”jamaica”についてです。大文字で”Jamaica”と言えばジャマイカという国ですが、小文字で書いた場合、メキシコではよく飲まれている「ハイビスカス」を表します(agua de jamaica)。

ジャマイカ産の飲料水ではありませんが、試してみてくださいね!

 次に私もはじめは勘違いしていた”billete”という単語についてです。

スペインでは通貨としての「お札」だけでなく、電車などの「切符」や「入場券」という意味も表します。しかし、メキシコでは「切符」、「入場券」という意味を表す単語は”boleto”です。バスターミナルで「billeteが欲しいのですが、どうすればいいですか?」と聞いて怪訝な顔をされたことは今でも覚えています。「お金が欲しいのですが。」といきなり言われたら困ってしまいますよね。

参考までに”billete”に関するスペイン王立アカデミーの該当箇所を載せておきます。

”Billete” … Tarjeta o papel impresos que dan derecho a viajar en un medio de transporte(交通機関で移動する権利を与える印字されたカードまたは紙)
出典 http://dle.rae.es/?id=5WKYBAv

”Ni modo !”

 ”modo”と言う単語が「方法」と言う意味だと知っていれば想像はつきやすいですが、知らないと困ってしまいますね。これは”No hay otra manera !”すなわち「仕方がない、どうしようもない」と言う意味を表します。

これでこの表現がわからず、”Ni modo !”と思うことも無くなりますね!

1時から?1時まで? ややこしい表現は回避しよう!

 最後は”hasta”という単語について。

 

なんだ、「~まで」じゃないか、簡単じゃん。と思ったそこのあなた、ちょっと待って!メキシコでは特有な用法があるんです!”no”という否定伴わずに「~まで…しない」の意味を表すことがあります。私がメキシコで大学の授業を受けていた時のこと、11時少し前に「教室を使いたいんだけど、ここで授業あるの?」と聞かれ、私が”Sí,hasta la una”と答えると「え??」と困った表情をされました。

私は「ええ、1時まであります。」と答えたつもりでしたが、メキシコでは文脈によっては違った意味に捉えられてしまうので、正確に伝えたい場合は”desde…hasta~(…から~まで)”と言いましょう!

まとめ

 いかがでしたでしょうか?今回はメキシコのスペイン語の第二弾をまとめました。これからも皆様のメキシコでの会話にワクワクを届けるために連載をします!次回をお楽しみに!

「メキシコスペイン語 第一弾」はこちらRAEの辞書はこちら
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: メキシコ在住。メキシコという国を日本の皆さんにとって、より身近な国にすることが目標。

特集

amigaピックアップ