関連キーワード

特集

本当は教えたくない!メキシコの穴場スポット3選

メキシコシティやプエブラ、グアナファト...メキシコには定番の観光地がいくつもあります。「でも定番はもう行きつくしたからなー」と思っているあなた!そんな方や、「みんなが知らないメキシコを知りたい!」といった方に、ハズレなしなメキシコの穴場をご紹介します!

1.サントゥアリオ・デ・ラス・ルシエルナガス(Santuario de las Luciérnagas)

出典 - https://www.cityexpress.com/blog/el-santuario-de-las-luciernagas-un-bosque-magico-en-tlaxcala

ホタルは日本だけの文化だと思っていませんか?トラスカラ州の西部、ナナカミルパの森では、夏場になるとホタルによる幻想的な世界を楽しむことができるんです!

この絶景を見ることができるのは、1年のうち6月の下旬から8月の上旬に限られます。さらに、ホタルの光を楽しむことができるのは夜の8時半ごろから9時半ごろまでの1時間だけなんです!8時ごろからホタルの光をぽつぽつと見つけられるようになり、その30分後にはあたり一面が光に包まれます。

このホタルはトラスカラ州、ナナカミルパの固有種で、匿名で保護されたままでしたが、2012年に州政府はこの自然の光景を宣伝するために強力な宣伝キャンペーンを行い始めました。日本人観光客にはあまり知られていませんが、今では毎年多くの人がこのホタルの絶景を一目見ようと訪れているんですよ♪

出典 - https://www.chilango.com/viajes/santuario-de-las-luciernagas/

人気観光地の華やかな夜も楽しいですが、日本人の和の心を揺さぶる、ホタルによる絶景はぜひ見たいですね♪ ナナカミルパの森へ行く方法は主に3つあります。車を使って直接行くか、バスなどを使って行くか、ツアーに申し込むかの3通りです。

車で行く場合、トラスカラ市からは約1時間半、メキシコシティからは約2時間かかります。バスで向かう場合、トラスカラ州のバスターミナル(Central de autobuses de Tlaxcala)から乗り合いタクシーのような小型バスに乗ってナナカミルパへ向かい、そこからタクシーを使って森に行きます。どちらの方法を取っても、夜7時以降の森へのアクセスホタルへの車の光の影響を考慮して禁止されていますので、時間に余裕を持って向かうようにしましょう。ツアーで行く場合には、滞在するホテルが含まれているものやその他のオプションが付いてくるものなどその内容はものにより大きく異なるため、様々な会社が出しているものを比較するといいでしょう。

2.グルータス・デ・ガルシア(Grutas de García)

出典 - https://www.cityexpress.com/blog/una-aventura-en-cavernas-las-grutas-de-garcia-en-nuevo-leon

ヌエボレオン州の州都モンテレイはその発展から「メキシコ第三の都市」とも呼ばれ、有名な都市ですが、そのモンテレイから北西に30㎞の位置にあるガルシアには鍾乳石や石筍が幾つも立ち並ぶグルータス・デ・ガルシアがあることをご存知ですか?

出典 - https://nuevoleon.travel/experiencias/grutas-de-garcia/

1843年に発見されたこの洞窟の形成は、6000万年以上前まで遡ります。全長は300メートル、最大水深は105メートル、35以上の洞窟室によって形成される巨大な洞窟です。ロープウェイを使って向かうほどの高所にあるにもかかわらず、この洞窟でみられる海洋生物の化石から、かつては海面下にあったということが明らかになっているんです。ライトアップされた巨大な鍾乳石や石筍に加え、そこに差し込む太陽の光からは、一目見るだけで圧倒的な自然の力を感じられますよ。

先述したように、グルータス・デ・ガルシアは高所に位置するため、山道を登っていくこともできますが、ロープウェイを使って向かう方法が一般的です。ロープウェイ乗り場の前で、ロープウェイのチケットと、洞窟の入場券を購入できるようになっています。洞窟に着くと、30人ほどで1グループとなり、ガイドさん付きのツアーで16の洞窟室を見て回ることができます。

グルータス・デ・ガルシアへは、夏の期間には毎日、それ以外の季節には火曜日から日曜日まで訪れることができます。朝の9時から17時まで開いていますが、夏場の観光シーズンにはチケット売り場の前が大行列になっていることもあるので、10時半までには洞窟に着くようにするとスムーズに見学することができますよ♪

3.マアウアル(Mahajual)

最後に紹介するのはこちら!!近年人気になり始めたマアウアルです。メキシコが誇るリゾート地として有名なカンクンと同じキンタナ・ロー州にありますが、常夏のカンクンよりもさらに南に位置します。その魅力はなによりも、オーストラリアのグレートバリアリーフに続いて世界第3位の広さを誇るサンゴ礁です!日本人にはまだあまり知られていないのですが、その白い砂浜と青い空は、一回訪れたら忘れられない思い出になること間違いなしのスポットです♪

出典 - https://www.yayabeachclub.com/

マアウアルで有名なビーチは主に2つあります。マヤ・チャン・ビーチとヤヤ・ビーチと呼ばれるビーチです。海辺に用意されたパラソルやサマーベッドを使って、日陰でゆっくりとくつろげるようになっていて、レストランやバーなどの飲食サービス、さらにシュノーケルやカヤックなどのアクティビティも用意されているので一日中砂浜と海を満喫できるようになっています♪どちらもプライベートビーチで、予約が必要となりますので、行かれる際には予約を忘れないようにだけ気を付けてください!

出典 - https://tabinaka.co.jp/tour/6669

せっかくマヤ地域を訪れたならば見たいのがマヤの遺跡です。メキシコの世界遺産の中でも人気を誇り、ビーチがある遺跡として有名なトゥルムへ、マアウアルからは3時間弱と日帰りが可能な距離です。また、トゥルムはマアウアルとカンクンの間にあるので、マアウアルを訪れた後にそのままカンクンの大きなリゾート地に行ってもいいですね。マアウアルからトゥルムへはバスも毎日出ているので、マアウアルに行った際には抑えたい遺跡ですね!

出典 - https://costamaya.com/new-home/costa-maya-excursions/

ビーチや遺跡でゆっくり過ごす日々に飽きてきて、刺激が欲しくなったときにおすすめなのがマヤ・ロスト・マヤン・キングダム(Mayá Lost Mayan Kigdom)というウォーターパークです。名前からもわかるように、パーク内にはマヤ文明の建造物をまねたものがあったり、それぞれのアトラクションにマヤ時代の神の名前がついていたりと、マヤ地域ならではのウォーターパークになっています!

ジップラインやウォータースライダーが充実していて、家族や友達、恋人とも時間を忘れてはしゃげる場所ですよ♪

まとめ

日本の約5倍の面積を持つメキシコには、まだまだ私たちが知らない魅力で溢れています。「ザ・メキシコ」な観光地にもその魅力はあって、メキシコに旅行に行くからには訪れたいですよね!ですが、定番の観光地にある程度行ったことがある場合、もしくは観光客がそこまでいないところに行ってみたいといった場合には、今回ご紹介したような穴場スポットを訪れてみてはいかがでしょうか?

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 大学3年の後期から休学してメキシコに来ています。スペイン語とともに記事執筆も勉強中です。人は優しいし料理はおいしいし…とても魅力的なメキシコのことをさまざまなトピックで紹介していきたいと思っています!

特集

amigaピックアップ