関連キーワード

特集

2019/06/11

【徹底解説】メキシコの人気留学先とその治安:コロニアル編

生活費が安く、親日家の多い国でスペイン語留学におすすめなメキシコ。メキシコにはスペイン植民地時代のヨーロッパ風な街並みが見られる街がいくつもあります。さらに、その多くは世界遺産に登録されているんです!そんな素敵な街に留学できたら楽しいですよね♪ ですが、メキシコ留学で気になるのが滞在都市の治安です。今回はメキシコで人気な留学先と、その治安をご紹介します!

出典 - http://www.sclance.com/images/campeche/download.php?file=./Campeche_172454.jpg

メキシコでの語学留学

「外国語」というと未だに日本では英語の印象が強いですが、1万8000以上の情報ソースを所持する「Statista」によると、スペイン語の母語話者は中国語に次ぎ世界第2位なんです!インターネット上では英語、中国語に続き3番目に広く使われている言語です。このように世界中で多くの人に使用されているスペイン語を習得することは有益だと言えます。メキシコには、スペイン程の日本人留学生はいないためスペイン語を習得しやすい環境です。さらに、メキシコのスペイン語は日本人にとって発音しやすいと言われています。物価が安いのもメキシコの大きな魅力です♪ そんなメリットの多いメキシコでの語学留学ですが、「メキシコは治安面が不安」と思われる方も多いのではないでしょうか。今回は、日本人留学生におすすめの留学先とその治安を分析していきます!

人気な留学先

・グアナファト

・メリダ

・グアダラハラ

・メキシコシティ

・プエブラ

・オアハカ

・ケレタロ

グアナファト州グアナファト

出典 - https://www.ngenespanol.com/tag/plaza-de-la-paz/

「宝石箱をひっくり返したような街」とも例えられるグアナファト。小さな街ながらも、かつては銀が豊富に採掘され栄えました。また、スペイン植民地時代の建物も多く残り、グアナファトの歴史地区と銀鉱群はユネスコの世界遺産に登録されています。そんなグアナファトには、ラテンアメリカで最も古い大学の1つとして知られているグアナファト大学があり、付属の語学学校もあります。グアナファトにはその他にも私立の語学学校もあるため、日本を始め多くの国から交換留学や語学留学をする学生が集まっています。

出典 - http://www.scatravel.com/index.php?route=product/product&product_id=129

グアナファトのシンボルであるピピラの像。この像があるピピラの丘からはグアナファトの街が一望できるため、連日多くの観光客が訪れます。昼のカラフルな街並み、夕日に染まる街並み、きれいな夜景などグアナファトの様々な魅力を感じられる場所なのでおすすめです♪

グアナファトは、メキシコの団体が行った2017年の「住民が安全だと感じている都市」という調査でトップ10に入っています。殺人が頻発している地域もあるメキシコですが、グアナファトで聞く犯罪で多いのは強盗とスリです。これらの犯罪は標高が高いところで起こっています。グアナファトの街は大きなすり鉢状の地形で、治安が良く観光客が集まるのは街の中心の標高が低い場所です。街の中心地は、夜遅くにも暗い道を避ければ一人で歩けるほど安全です。語学学校や大学もこの中心地に位置するものが多いので、住む場所さえ気をつければ留学中の生活は安全と言えるでしょう。筆者もグアナファトで暮らしていた経験がありますが、中心地で暮らしている分には夜一人で外を歩いていても大丈夫ですし、「怖い」と感じた経験は一度もなかったです。 

ユカタン州メリダ

出典 - https://wherewouldyougo.com/destinations/north-america/3-days-merida-mexico/

カンクンを始めとし、多くのリゾート地を有するユカタン半島。そこにあるユカタン州の州都が今回ご紹介するメリダです。なんとメキシコ人に調査した結果「住みたい街No.1」に選ばれたんだとか!メリダはスペインがメキシコを侵略した際に拠点にしていた街として知られ、街にはヨーロッパ様式の建物が多く残っています。メキシコにはグアナファトなどのカラフルなコロニアル都市は多くあり、メリダもその1つ。メリダがその中でも特徴的なのは、建物に使われている色がパステルカラーだということです。政府など公共機関の建物までパステルカラーなんですよ!散歩をするだけで楽しい街です♪

街歩きかぁ…治安は大丈夫?気になる治安面をご説明します。ユカタン州はメキシコの中でも抜群に治安のいい州です。メリダはその中でも治安がいいとされ、「メキシコで一番治安のいい街」とも言われています。最低限の防犯意識は必要ですが、夜でも1人で歩けますし流しのタクシーに1人で乗っても問題ありません。

出典 - https://laverdadnoticias.com/quintanaroo/Cancun-cumple-48-anos-de-historia-20180419-0111.html

ユカタン州で最も人口が多いメリダ。都会なので生活面での不自由は少ないでしょう。さらに、週末や休暇には世界遺産であるウシュマル遺跡やチチェン・イッツァ遺跡、少し遠出して有名なリゾート地カンクンなどメキシコが誇る様々な観光地へバスで気軽に行けるところもメリダの大きな魅力です。

ハリスコ州グアダラハラ

出典 - https://www.bdlaw.com/office-locations/charlotte/

グアダラハラは、メキシコ第二の大都市です。近年はアメリカのIntel、IBM、Ocacleなどの有名なIT 関連企業が進出し「メキシコのシリコンバレー」と呼ばれています。さらにハリスコ州は、テキーラとマリアッチの発祥地としても知られていて、メキシコの伝統が詰まった街でもあります。

出典 - https://www.sinaloa360.com/centro-historico-guadalajara/

スペインの植民地だった面影を残し、メキシコの歴史的一面も見せてくれるグアダラハラ。そのコロニアル様式の建物が並ぶ美しい街並みは「西部の真珠」とも呼び称えられています。グアダラハラには伝統、歴史、発展が共存しているので、メキシコを知るには素晴らしい街ですよ♪ グアダラハラでのスペイン語留学では、私立の語学学校だけでなくグアダラハラ大学の付属語学学校もあり、自分の滞在期間やレベルに応じて幅広い選択肢から選ぶことができます。バスなどのインフラが整っているので留学先として選ぶ学生が多い都市です。

さて、気になる治安面ですが、街の中心には警察が多く配備されていて治安はかなり安定しているようです。語学学校や大学は街の中心にあるので、生活上治安の心配はあまりありません。しかし、グアダラハラでは中心地から外れると入り組んだ道が多くなります。このような道で多発しているのがバイクによるひったくり被害です。バイクに二人乗りし、後ろから観光客などに近づき、運転していない後ろの人が荷物をひったくって逃げ去るという手口です。また、治安が悪いため地元の人でも夜は出歩かない場所もあります。夜に中心地から離れることはできるだけ避け、出かける必要がある場合には必ずUberを利用しましょう。なぜUberなのかというと、グアダラハラではタクシー強盗の被害も見られるからです。流しのタクシーには極力乗らないようにしましょう。

メキシコシティ

出典 - https://iambiomedical.com/events/expomed-2019-45

メキシコ最大の都市にして首都である上、ラテンアメリカを代表する世界都市でもあるメキシコシティ。政治、行政、司法の機能が集中しているほか、経済、金融の中心地でもあります。バスや地下鉄などの公共交通機関はとても発展していますが、人口が多いため通勤、通学ラッシュの時間帯には渋滞や満員電車は当たり前です。大都市ゆえの便利さと大変さがあるのが、メキシコシティだと言えます。

出典 - https://www.nationalgeographic.com/travel/destinations/north-america/mexico/mexico-city/

メキシコシティはかつてスペイン人が侵略してきた際に、アステカ帝国の首都であったテノチティトランの上に建てられたものです。そのためメキシコシティの中心部・ソカロにはスペイン植民地時代の建築物が立ち並び、歴史的価値が高く、ユネスコの世界遺産に登録されています。さらに、メキシコシティには世界的に見ても多くの美術館があり、毎年多くの観光客が訪れます。このように経済面、歴史面そして観光面でもメキシコを代表する都市メキシコシティですが、教育面でもメキシコの中心であると言えます。

出典 - https://codigoespagueti.com/noticias/ciencia/unam-campus-merida-licenciatura-negocios-internacionales/

メキシコシティには、ラテンアメリカ最大規模でありメキシコでトップの大学、メキシコ国立自治大学(UNAM)があります。さらに、この大学にはCEPEという付属の語学学校があり、日本人を含む多くの学生がスペイン語習得のためここで学習しています。

「治安が悪い」とイメージされがちなメキシコシティですが、実際はどうなのでしょうか。結論から言うと、「危険な地域を避け、防犯意識を持っていれば命の危機には遭遇しない」です。メキシコシティの留学生が生活する地域で頻発しているのはスリや強盗のような軽犯罪です。なので、財布やスマホはしっかりと管理し、暗い夜道は1人で歩かないなどの基本的な対策をしていれば問題なく生活することができます。メキシコシティで気をつけなければならないのが「危険な地域」です。テピト(Tepito)などの地区には地元のメキシコ人やタクシーも通らないほど危険であるとされ、そういった地域は地元の人に教えてもらい絶対に近づかないようにしましょう。

プエブラ州プエブラ

出典 - https://www.milenio.com/politica/gobierno/puebla-se-mantiene-como-la-segunda-mejor-economia-gali

「天使の街」とも呼ばれるプエブラ。メキシコで4番目に大きな都市です。先住民がすでに築いた街の後に作られたメキシコにある多くの植民都市とは異なり、プエブラはスペイン人が0から築いた街だとされています。そして植民地時代の色を濃く残す中世ヨーロッパ風な街並みはまるで映画のセットかのような華やかさがあります。こうした歴史的価値の高さからプエブラの一地区はユネスコの世界遺産に登録されています。さらに、メキシコシティから2時間ほどの場所という利点もあり、多くの観光客が訪れます。

気になる治安ですが、メキシコの中では比較的治安がいい街とされています。街の中心にいるよう心掛け、スリや強盗などの軽犯罪に気を付けていれば大きな問題はありません。しかし留学などで長期滞在する場合には、地元のメキシコ人に危険な地域を教えてもらい、危険を避ける努力はしましょう。

オアハカ州オアハカ

出典 - https://www.rioaxaca.com/2018/01/16/riqueza-de-oaxaca-llegara-a-la-feria-internacional-de-turismo-2018/

メキシコ南部に位置するオアハカ。グアナファトのようなカラフルなコロニアル調の美しい街並みを持ちながらも、先住民が多く住むオアハカ州の一都市です。美しい民族衣装をまとっている人も多くみられます。ここはメキシコの持つ様々な顔を一か所に凝縮したような街なんですよ♪ さらに、オアハカの人はお祭りが大好きで陽気な性格で、7月のゲラゲッツァ祭や11月の死者の日の大きなお祭りだけでなく、毎日のようにパレードが行われます。

出典 - https://articulo.mercadolibre.com.mx/MLM-613495581-5-kilos-de-queso-oaxaca-al-alto-vacio-_JM

さらに、生活する上でとても大事な食事面。オアハカは「美食の街」と呼ばれるほどおいしい物がたくさんあるんです。オアハカチョコレートや日本のさけるチーズのもととなっているオアハカチーズなどなど。さらにオアハカ版ピザ「トラジューダ」もオアハカだから食べれる絶品グルメです。語学学校が多く、学生が多いところもオアハカ留学の利点でしょう。

上記の通りオアハカには他の都市では見つからない多くの魅力が詰まっています。そこで気になるのがオアハカの治安。オアハカも今回ご紹介した他都市と同様、メキシコの中では比較的安全な街と言われています。語学学校も多くは街の中心にあるのであまり心配は要りません。アジア系や欧米系の観光客が多く、日本人が歩いていても視線が気になるといったことはなく、過ごしやすい街です。しかし、それは主に観光地化されている中心について言えることです。バスターミナルや市場の近くは夜間などは、スリや麻薬常習者がいる可能性があるのであまり近づかないようにしましょう。また、日中であってもスリや強盗対策に、貴重品の管理などには常に気をつけましょう。

ケレタロ州ケレタロ

出典 - https://www.hayfestival.com/queretaro/atractivos-turisticos

メキシコシティから高速バスで約3時間、メキシコ中央部に位置するのがケレタロ州です。そんなケレタロ州の州都であり最大の都市であるのが、語学留学におすすめなケレタロです。近年自動車関連の日系企業の進出が進み、日本人の人口が増えている地域の1つです。さらに、ケレタロは観光地としても人気なんです。16世紀にスペイン人によって美しい街並みが作られました。今でもケレタロにある歴史保存地区には石畳の道とバロック式の教会が多くみられ、この地区はコロニアル都市としてユネスコ世界遺産に指定されています。ケレタロの語学学校はこの歴史保存地区にもあるので、世界遺産の街で毎日勉強することができます♪ さらに、ケレタロは街の整備に力を入れていてゴミが少ない街として、その住みやすさが有名なんです。

出典 - https://worldheritagesite.xyz/queretaro-2/

街のシンボルでもある水道橋は、水を運ぶ役割を終えた今でも大きな存在感を放っています。現在でも1㎞以上が保存されていて、その下にはカフェやレストラン多くお店を構えているので留学した際にはカフェ巡りもいいですね♪

さて、ケレタロの治安ですが、メキシコの中では比較的治安のいい街として知られています。夜でも女性や子供が外を歩いていたり、ホテルの入り口が夜でも開放されていたりするところからその治安の良さが伺えます。しかし、スリや置き引きなどの軽犯罪はケレタロでも注意が必要なので、防犯意識は持っておきましょう。

出典 - https://mas-mexico.com.mx/vamos-a-la-feria-del-vino-y-queso-2017-en-tequisquiapan/

ケレタロへ語学留学をした際に魅力的なのは、週末に体験できる様々なアクティビティです。まず行くべきなのは、ケレタロからバスで1時間ほどの場所にある「ラ・ペニャ・デ・ベルナル」という一枚岩です。これは世界で3番目に大きな一枚岩として知られています。また、パワースポットとしても有名で、春分の日には大きなパワーがこの岩にたまるとされ多くの観光客が訪れます。さらに、ケレタロ州の南東にあるテキスキアパンという街では、5月下旬からワインとチーズのお祭りが行われます!ケレタロとテキスキアパンを結ぶ平地は「チーズルート」と呼ばれていて多くの農場とチーズ工場があるんです。それに加えてケレタロのワインは品質が高く、ワイナリーとチーズ工房をめぐるツアーなども開催されています。ワインやチーズが好きな方は要チェックですよ!

まとめ

今回ご紹介したのは語学留学に人気、おすすめな都市の中でも、スペイン植民地時代の街並みを残すコロニアル都市をまとめました。いかがでしたか?メキシコには乾燥地帯にサボテンがたくさん生えているというイメージの方も多いと思いますが、ヨーロッパ風な街が広がる場所もいくつもあるんですよ♪ さらに、メキシコ=危険というイメージからメキシコへの留学を悩んでいる方も多いかと思いますが、メキシコの人気な留学先は治安が良いところばかりです。防犯意識さえしっかりと持っていれば生活する上ではほとんど問題がないと言えます。これを機に、メキシコでのスペイン語留学を検討してくださる方がいれば幸いです。

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 大学3年の後期から休学してメキシコに来ています。スペイン語とともに記事執筆も勉強中です。人は優しいし料理はおいしいし…とても魅力的なメキシコのことをさまざまなトピックで紹介していきたいと思っています!

特集

amigaピックアップ