関連キーワード

特集

2016/08/14

メキシコで生活する前に知っておくべき保険事情~医療保険と自動車保険~

メキシコでは、日本に比べ保険に入っている人が少ないのが現状です。 しかし、事故等が多く、お金がかかることもしばしば。 そんなあなたにメキシコで知っておきたい保険をいくつかご紹介します。

※参考資料 メキシコ日本商工会議所 [MEX LIFE]

1.高額医療保険

「高額医療保険」は、大手医療機関と大手医療保険会社との提携による医療保険です。

24時間以上継続して病院に居る場合、保険会社が医療費の立て替えをしてくれるため、本人が病院で支払いをしなくてよいキャッシュレス・サービスです。

また、手術を受けた場合には24時間未満でも保険が適用され、キャッシュレス・サービスは利用できませんが、後日保険適用分の払い戻しが受けられます。妊娠・出産にも適用可能です。

*保険適用期間は1年間で、毎年更新が可能です。保険金額の自動復元は適用されないので気を付けてください。

2.自動車保険

メキシコでは、自動車事故の場合の強制保険制度がないため、自動車保険には任意で加入する必要があります。

自動車保険の付保率が低く、自賠責保険という概念のないメキシコでは、ぶつけられても相手が保険加入していないケースが多く、自分の保険で自分の車両の修理を行わなければならない場合があります。

車両の盗難が多いため、フルカバーの保険料は車種によっては、かなりの高額になりますが、保険会社によってはレッカー車サービスや現場でのタイヤ交換、バッテリー上がりの細々とした特典があります。

3.事故を起こした時の保険対応

車両を安全な路肩に停め、保険証券上の情報を元に保険会社の調整員を呼びましょう。

基本的にはスペイン語でのやり取りが必須です。

第三者賠償など、法的な判断が必要なケースでは軽率な判断は避け、保険会社指定の弁護士に相談しましょう。

事故の際には、「アフスタドール」という保険金支払いが正当なものであるかを審査するための事情や証拠をあつかう職業に確認することをお勧めします。

4.保険加入時の注意点

メキシコでは、保険会社と直接契約するのではなく、交渉は全て民間の代理店経由で行います。信頼できる代理店を選ぶことが大切です。

また、日本で加入してきた保険が、どこまでの領域が担保されているか確認する必要があります。特に住宅総合保険においては、保険規定上メキシコ現地のみの契約が対象となります。

クレジットカード等に付いている「海外旅行保険」はあくまで旅行が対象であり、付保する機関に制限があります。(通常2年間)旅行期間は通常最大90日という制限付きで、日本を出発し日本に帰国した時点で保険が終了します。

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ