特集

2019/03/31

4月1日じゃない?!いったいいつなのメキシコのエイプリルフール

「エイプリルフール」といえばもちろん4月1日で、世界的にこの日に行われていると思いきや…実はメキシコのエイプリルフールはこの日じゃない?ではいつがエイプリルフールなの?メキシコではどんな嘘がつかれるのでしょうか。

出典 - https://hellogiggles.com/news/origin-april-fools-day/

エイプリルフールは英語で「April Fool's Day」と言われ、一般的にはその名の通り4月の行事です。しかし、メキシコのエイプリルフールは少し様子が違うようです。エイプリルフール自体はスペイン語でも直訳的に「Día de las bromas de abril」と言われますが、4月1日にジョークを言って楽しむかというとそうでもないんです…。

しかし、メキシコでも「エイプリルフール」のようなイベントがないわけではありません!実は、行われる日が違うんです!

メキシコのエイプリルフールは12月?

出典 - http://wradio.com.mx/radio/2017/12/26/sociedad/1514298922_633600.html

4月1日でないならいつなのかというと、メキシコのエイプリルフールは12月28日なのです。全然エイプリルではないので、もちろん名前も違います。「ディア・デ・ロス・イノセンテス(Día de los inocentes)」といいます。

「Inocente」とはスペイン語で「無実の」という意味を持ち、直訳すると「無実の人々の日」となります。この名前は、この日の成り立ちに大きくかかわっていて、「ディア・デ・ロス・イノセンテス」は、キリストの誕生を知ったヘロデス王がキリストに自分の王座を奪われることを危ぶみ2歳以下の子どもを全て殺すよう命令し、たくさんの罪のない子どもが殺された日に由来します。この日に殺された罪のない子どもを悼む日とされたというのが成り立ちの物語と言われています。

実は、この「ディア・デ・ロス・イノセンテス」の習慣があるのはメキシコだけではありません。もともとはスペインのものであったため、スペインはもちろん、ベネズエラやエルサルバドルなど他のラテン系の国にもあります。

メキシコでの祝われ方

出典 - http://www.afntijuana.info/nacionales/35463_alerta_dia_de_los_santos_inocentes

メキシコの「ディア・デ・ロス・イノセンテス」は、これまで述べてきたようにアメリカなどで祝われる「エイプリルフール」にあたる日であるため、ジョークが飛び交う一日です。「○○を貸して」とメキシコでは、ものの貸し借りに関するジョークが多く「一度手に入れたものは返さない」といい、この日にものを貸してしまったらそれはプレゼントしたということになり、返って来ないそうです!12月28日に何か貸してと言ってきた人がいれば注意しましょう(笑)。また、嘘やいたずらが成功した時には「イノセンテ(Inocente)」というのが、合い言葉だそうです!是非、使ってみてくださいね♪

一方で、メキシコではこの日は宗教的な意味合いが強い日でもあります。そのため、教会でも子どものキリストにパンやお菓子などの贈り物をするイベントが行われます。

出典 - https://okdiario.com/curiosidades/dia-santos-inocentes-1638744

以上、メキシコのエイプリルフールについてでした。エイプリルフールといえば、4月1日という印象が強いので忘れてしましそうですが、12月28日にものを貸してと頼まれた際には注意しましょう!(笑)

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 大学を休学し、amigaを運営するEncounterで働き中。旅行とファッションと美味しいものが生きがいで、最近は写真好きが高じてSNSにはまっています。そんな私だからこそな記事を提供できればと思います!

特集

amigaピックアップ