2019/05/10

メキシコ人が実際に食べてるものって?食の実情調査!

海外で日本食のイメージと言えば「寿司」や「ラーメン」ですが、実際に日本人が毎日それらを食べているかというとそうではないですよね。では、メキシコ料理と言えば「タコス」や「ワカモレ」ですが、それらを毎日食べているのでしょうか?食べていないなら実際のメキシコ人の食生活はどうなのでしょうか?

出典 - https://www.elsoldemexico.com.mx/mexico/el-top-ten-de-los-platillos-mexicanos-en-las-fiestas-patrias-136282.html1

その国の料理として有名な料理と、実際に現地の人が食べる料理には少し違いがあることも多いですよね。そこで、現地のメキシコ人が何をよく食べているのかグアナファトの街で調査してみました。「今日何を食べた?」と「よく食べる料理はある?」という質問をしました!

気になる結果はこちら…

ゴルディータ(gordita)

よく食べるという声が最も多かったのが、こちら!ゴルディータという料理で、分厚めのトルティーヤ生地の真ん中に切り込みを入れて、中に具材を詰めたものです。一口にゴルディータといっても、タコスと同様にさまざまな種類があります。また、メキシコ料理って辛いんでしょと思う方も多いかもしれませんが、辛いソースをかけなければ具材自体は辛くないものも多いので、辛い食べ物が苦手という方にもオススメです♪

ゴルディータが好きで、よく食べるという女の子達によると辛いものが苦手な人には特に「Papa con queso(パパ・コン・ケソ)」というジャガイモとチーズの具材か、「Frijoles(フリホーレス)」という豆のペーストを入れるのがオススメとのこと!また、彼女たちの1番のお気に入りの具材は「Chorizo(チョリソ)」という少し辛めのソーセージだそうです♪辛い食べ物が好きという方は、サルサ(ソース)ありにも是非挑戦してみてください!

トルタ(torta)

出典 - https://macaro-ni.jp/14134

聞き慣れない人も多いかもしれませんが、トルタはメキシコでは定番料理の1つです。簡単にいうと、メキシカンサンドイッチです。こちらもゴルディータやタコス同様、総称なので、中に挟む具材はお好みで選ぶことができます。定番はお肉や、豆のペーストであるフリホーレスなどを挟んだものだそうです。チーズを入れたり、アボカドを挟んだりするのもオススメですよ♪

タマル(tamal)

出典 - http://lizcooking.blogspot.com/2013/11/201312.html

タマルとはトウモロコシの皮で包んだ蒸し料理で、中身はトウモロコシの生地とお肉や野菜などの具材が入っています。日本語ではメキシコ風チマキとも呼ばれ、メキシコでは特に朝に食べられるそうです。また、日本語ではタマルの複数形である「タマレス」が総称として用いられることも多いようですが、タマルとタマレスは同じものを指します。

タコス(tacos)

最後は、やっぱりメキシコ人も食べてた!「タコス」です。メキシコの食と言えばタコスというイメージは強ち間違いでもないということが分かりました。メキシコでタコスと言えば、昼にも食べますが、夜に食べることも多く、お店自体も20時など夜から営業を開始するところがたくさんあります。そうした場合、早朝まで営業することが多く、メキシコでは日本の飲み会後の締めのラーメンの様な形で、締めのタコスを食べに行くこともあるそうです!

以上、実際にメキシコ人が食べているものの調査でした。今回は、調査した時間帯が14時~15時頃が多かったためか、軽食に近いものが多く挙がりました。メキシコ人のお昼ご飯の時間は日本に比べて遅めなので、もう少し遅い時間に調査を行えばまた違った料理が挙がることもあるのかなとも思います。

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 大学を休学し、amigaを運営するEncounterで働き中。旅行とファッションと美味しいものが生きがいで、最近は写真好きが高じてSNSにはまっています。そんな私だからこそな記事を提供できればと思います!

特集

amigaピックアップ