特集

2019/12/07

ロペス・オブラドールとカルロス・スリム

メキシコの政治家の変化は一連の緊張状態を生み出してきました。もちろん、それはキャンペーンで行われた演説によるものでもあります。現在は連邦政府が一線を画している新自由主義に関係する政府であり、社会的な遅れは1988年以来明確にされた経済戦略に関する経済政策にあるとみなされています。(アルトゥーロ・モラ・アルバ)

過去40年間メキシコで続いた新自由主義の開発モデルには批判的な姿勢がありますが、連邦政府が市場の価値を経済発展の実質的な要素として認識し、新政府の開始以来、企業主の役割の重要性を認識していたことも事実です。

メキシコシティの新しい空港の建設のキャンセルに関して、特定のビジネスグループに不満があることは事実です。また、メキシコの事業者が7月に大統領と、今年2019年に約320億ドル国に投資することを約束したことも事実です。

強調すべきことは、行政において多くの物事の進め方の変化に対して、特に新政府の誠実さの必要な原則として誰もが保証する腐敗への対抗の支援に対して、批判的な関係を維持している間は、民間投資は実現していません。連邦政府は、さまざまな社会プログラムを通じて下院によって承認された貯蓄と予算行使の分配に焦点を当てており、それは国内市場に反発をもたらし、為替レートを安定させ 、インフレ率は低い。しかし、INEGIのGDP(国内総生産)の測定値はGDPのほぼ「ゼロ」の0.1であり、メキシコ銀行の予測は年末までに0.2〜0.7です。

この文脈で、8月27日に、メキシコで1番、世界で5番目に裕福な男のカルロス・スリム・ヘルは、メキシコの大統領と会いました。したがって、この国で最も力を持つ2人は、国の発展と経済成長を促進する方法に関する契約を承認しました。恐ろしいほどの今年のこれまでのGDPの非成長に向けた事業者の声に対して、カルロス・スリムは事業者の投資不足によるものであると明確にし、ロペス・オブラドール政府は仕事をしていると認めました。「我々に不足しているのは経済活動と 雇用を生む大量の投資だ。大統領が指摘した通り、それに取り組んでいて、この とても重要な投資のプログラムが開始したら物事は大きく変わるだわろう。」

国の最も重要なビジネスマンたちが参加した会議で、国家財政の適切な管理が認められ、行われなければならない民間投資と合わせて、GDPの4%の成長率を持つ、これらは経済発展と社会平和を達成するために必要な条件です。

スリム・ヘルは、「私たちは順調に成長するだろうと確信しています。すぐに、今年ではなく、もしかすれば今年かも、私たちが成長するか成長しないかわかりません。それは重要ではありません。大きな投資によっておこった成長の潜在的 で大きな可能性があること、計画があり手段があることが重要だ。」と主張した 。「メキシコで投資するために事業者の信頼があることも重要だ。現在メキシコは投資の面では“楽園”であると強調した。なぜなら事業者はアメリカやヨーロッパのような他の場所よりも良い金利にアクセスできるからだ。」

国の経済発展のダイナミクスと、国家開発計画で検討されている1,600を超える国 家民間投資プロジェクトの結成に参加することは民間イニシアティブです。すべてが、人口の幅広い部門の社会的発展と同様に経済成長が起こると示している。政府の第一文書に関するメッセージを聞くカルロス・スリムと他の重要なビジネスマンの国立宮殿での存在は、政府にだけでなく、国全体および世界に、支持と自信の明確なメッセージを与えます。

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: グアナフアト州に住む日本人向けに日本語の記事を出しているメキシコ新聞です。 詳しい記事はこちら。 http://www.shimbun.mx/

特集

amigaピックアップ