関連キーワード

特集

2020/01/14

メキシコの鳥類学

メキシコで最も象徴的な鳥は:イヌワシ、ツノシャクケイ、ヒョウモンシチメンチョウ、ケツァル、サンショクキムネオオハシです。その研究は古代のメソアメリカの人々に始まりました。(メキシコ新聞:カルロス・カスタニェダ)

ポストクラシックメソアメリカ(10世紀~)に登場し、ワシがサボテンの上でヘビを食べている(メキシコの旗に描かれた絵)のを目撃した場所に定住していたアステカ族の例のように、様々な民族の神話と主に絡み合っていました。この記録の貴重な部分は、その文字通りの目撃の事実ではなく、当時のメキシコ盆地にあった動植物の知識です。

ケツァル(チアパス高地とグアテマラ生まれの種)は豊かさ、肥沃、生命に関係している。古代のマヤ人とアステカ人は、その長くて美しい羽毛から見栄えの良い羽飾りと衣服を作りました。上記の理由から、古代メソアメリカの羽毛アートはおそらく最も広く評価されている芸術表現でした。現在、メキシコシティの国立人類学博物館でこの芸術のいくつかの標本を見つけることができます。

神話と装飾の目的に加えて、アステカ皇帝モクテスマ(1466-1590)と、さまざまな植物、樹木、動物(コンゴウインコ、イヌワシ、七面鳥、ケツァールなどの鳥類を含む)がいる美しい庭園について多くのことが言われているため、装飾の目的は古代の入植者にとって重要でした。そのため、彼には美しい庭園の世話をする従者がいました。その庭園は美しさだけでなく、標本の大規模な収集と研究でも評価されました。これらの庭園の1つは、メキシコシティの中心部にある、今日チャプルテペックフォレストとして知られている場所にありました。

新しい大陸の発見による植民地時代(16〜19世紀)で、多くのヨーロッパの探検家は、新しい植物と動物の標本を発見するために新しい土地を旅することを試みました。これらの遠征で得られた多くの標本は、研究のためヨーロッパに送られました。イエズス会の命令は自然科学の主要な学者の一部で構成されており、その最も重要な貢献は次のとおりです。「Noticias de la California」(1757)では、多数のバハカリフォルニア州由来の鳥種が初めて記述されています。そして「Historia antigua de México」は、メキシコの鳥の種類とその狩猟、食物、装飾的な重要性を広く説明している出版物です。

メキシコ独立時代(19世紀から)では、ヨーロッパの科学研究者による鳥類学の作品のいくつかが、いくつかの場所で展示され始めました。これは、現在パリ自然史博物館に展示されているメキシコの鳥の収集の例です。メキシコの内部では、1868年にメキシコ自然史協会が設立され、それは自然科学に関する国内の自然の科学的研究を奨励しました。主な出版物の中で際立つのは、1963年に出版された「Colibríes y orquídeas de México」で、19世紀後半の科学的研究をまとめた。他の重要な貢献の中で、ケツァールの最初の鳥類学の知識(1871)は、メキシコ国立自治大学生物学研究所のコレクションでも見ることができます。また、同大学の中央の建物の自然史セクションにある、グアナファト市でのツバメの種と鳥の収集技術(1885-1901年の間に作成)も大きな貢献となりました。

20世紀のメキシコ鳥類学の大部分は、メキシコで鳥類の分類と分布の研究を行ったアメリカの研究者によって推進されました。傑出した作品のいくつかは次のとおりです。「Biología Centrali-Americana」、メキシコの鳥の研究に関する4巻の素晴らしい作品。アメリカのスミソニアン協会の鳥類学コレクション、1892-1906年の間にメキシコ全土で実施された現地調査に基づく展示。他にも多くの出版物やコレクションが、海外で展示および公開されています。いくつかの科学出版物の中でメキシコの貢献の中で最も注目すべきは、30種以上の鳥がいる有名な「モクテスマ鳥類飼育場」もあるチャプルテペック動物園の創設です。

最近の貢献に関しては、1970年代後半から環境意識が日々重要になり、メキシコ鳥類学の分野への関心が高まり、その結果、天然資源の保全の支持のため、この分野の科学的研究の数が大幅に増加しました。これにより、メキシコの鳥の鳥類学も、科学的実践よりも遊び心のあるブームになっています。これを実行するのに最適な場所は次のとおりです。

1.セレストゥン生物保護区,ユカタン (1120種以上の鳥)

2.ラガルト川,ユカタン (数百種類の鳥とトカゲ、最も有名なのはフラミンゴ)

3.サン・フェリペ丘, オアハカ (約800種の鳥、そのうち100種はその土地固有)

4.カラクムル生物保護区,カンペチェ - グアテマラ (数百種のマヤの遺跡、鳥類、そのうちの多くは絶滅危機)

5.サン・ブラス,ナヤリット (450種がその土地固有)

6.ピタヤル,ソノラ(多種のサボテンと250種の鳥を含む沿岸の保護地区)

7.スミデロ峡谷,チアパス (国特有の鳥類やは虫類を含む自然美)

参考文献

Matos Moctezuma Eduardo. Arqueología Mexicana
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: グアナフアト州に住む日本人向けに日本語の記事を出しているメキシコ新聞です。 詳しい記事はこちら。 http://www.shimbun.mx/

特集

amigaピックアップ