2021/02/25

加入必須!!メキシコ渡航者向け海外旅行保険選び方のコツ。

新型コロナウィルス感染者数の増加やそれに伴う治安の悪化が目立つ現在のメキシコ。それでも『これからメキシコへ行きたい!』と思っている方やまだ行くかどうか迷っている方へ、コロナ禍真っ只中にメキシコへ渡航した筆者が経験に基づいた保険のお役立ち情報を紹介いたします。

そもそもメキシコの滞在に保険に入る必要はあるの?

実際のところ、知人のマレーシア人は保険なしでメキシコシティに長期滞在していました。

ワーキングホリデー大国のカナダやオーストラリアのように、海外保険無加入が原因で入国を止められる可能性は低いと言えるでしょう。

ただし、やはり命はお金に変えられないもの。海外保険加入なしでのメキシコ滞在は非常に危ないです。

コロナにかからないか・・・?

犯罪にあわないか・・・?

愛用のiPhoneやPCが盗まれないか・・・?

毎日ビクビクしながら過ごすハメになってしまいます。メキシコという国で上記の場面に遭遇した場合、誰も助けてはくれません。そう、自分の身は自分で守るしかないのです。

自分自身に合った保険を選び加入することで渡航前後の不安をできるだけなくして、安心安全にメキシカンライフを楽しみましょう!ビバ!メキシコ !

保険を選ぶときのポイント

ちなみに筆者はコロナ禍真っ只中にメキシコ への渡航を決心し、約二週間で全ての準備・手配(ビザ、保険、航空券等)を済ませ日本からメキシコ へ飛び立ちました。

その際に得た保険を選ぶ上での、必要最低限かつ重要なポイントをお伝えします。

①滞在目的(ビザの種類)をはっきりさせよう!

メキシコへの入国ビザの種類は大まかに以下の3種類があります。

(1)留学

(2)ビジネス/ 駐在員

(3)最長 180日以内の旅行・ 語学留学(ビザなし)

実はメキシコは、最長180日以内の観光や語学留学の場合、日本のパスポートを持っていればビザは不要となります。今回の記事は、(3)最長 180日以内の旅行・ 語学留学(ビザなし)に当てはまる方を対象としています。

②疫病治療・死亡の項目を必ずチェックしよう!

このご時世、いつコロナにかかるか分かりません。ましてやメキシコ 、日本と比べ物にならないほどの感染者が毎日続々と出ています。

保険会社や保険のプランによっては、状況を考慮して非常に分かりやすく説明や注意書きが書かれています。

・保証期限

・保証範囲

・保証金額

最低限、上記の3項目は把握しておきましょう。

③事件事故被害と携行品損害の項目もチェックしよう!

・事件事故被害

コロナ同様、メキシコではいつなんどき事件や事故に巻き込まれるかわかりません。疫病保証に加えて、事件や事故にあった場合もどのように保険が適応されるかのチェックを行いましょう。

・携行品損害

この項目も忘れてはいけません。メキシコ では、特にApple製品は高価で貴重な存在です。

スマホだけでなくPCを使ってお仕事をされる方は、携行品を紛失した際の補償額がいくら支払われるのかを確認しましょう。

④その他のサービスも見ておこう!

・オンラインで申し込みが可能かどうか

・日本語サポートを行っているか

・24時間対応しているか

以上の項目も重要です。特にお急ぎで渡航される方は、オンラインでの申し込みがおすすめです。

次ページでは、実際に役立った保険比較サイトと保険会社を紹介いたします!

next
1/2
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ