関連キーワード

特集

2019/04/16

公用語はスペイン語じゃない?!意外と知らないメキシコの5つのこと

公用語がスペイン語じゃない?そんな訳ないと思いました?でも違うんです。他にもいっぱいある意外と知られていないメキシコのこと。あなたはいくつ知っていますか?

出典 - http://yancuic.com/2018/12/03/para-decir-mexico/

その1:公用語はスペイン語じゃない?!

まず1つ目は、公用語問題!メキシコの公用語が何語かご存じですか?そりゃもちろん、スペイン語でしょと言いたいところですが…実は、スペイン語はメキシコの公用語ではないのです。では、いったいメキシコの公用語とは何語なのでしょうか?街で耳に入る言語も、目に入る表記も全てスペイン語です。さらに、ウィキペディアなどをみると公用語の欄にスペイン語と入っているのですが…よく見るとスペイン語の横に「(事実上)」とついています。これは、メキシコには憲法で規定された公用語がないからなのです!メキシコは、公用語は持っていませんが、言語に関わる規定がないわけではありません。メキシコの言語に関する規定では、「スペイン語と、ナワトル語を含む68の先住民族言語がメキシコの言語である」と認められています。このような法規定に、先住民の権利を守る考えがみられますね。

その2:メキシコの正式名称は?

出典 - http://www.rosaritoinfo.com.mx/money.htm

みなさんはメキシコの正式名称を言えますか?一般的には「メキシコ」とよばれるこの国ですが、実は「メキシコ」は正式名称ではないのです。正式には「メキシコ合衆国」といいます。スペイン語では「Estados Unidos Mexicanos」です。実はこれ、メキシコで生活していれば日々目にするであろう、コインにもしっかりと刻まれているんです。是非チェックしてみてください!

ここで1つ気をつけたいポイントがあります!「合衆国」と聞いて思い浮かぶ国は「アメリカ合衆国」ですよね。アメリカは英語の正式表記では「The United States of America」であることはご存じかと思います。そのため、メキシコの英語での正式名称は「The United States of Mexico」であるというのが当然の流れだと思いますが…実は英語では「The United Mexican States」と表記されるんです!ついつい、間違えてしまいそうですね…

その3:中米でも南米でもないってほんと?

「メキシコ」といえば中南米を代表する国の1つというイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、メキシコは「中米」でもなければ「南米」でもないんです!じゃあどこなのかというと、実はメキシコは「北米」に属します。そう聞いて世界地図を振り返ってみると、確かに北米に位置していますよね。このことからも分かるように、メキシコは「地理的な区分」では北米に属しているのです。また、思い返してれば「北米自由貿易協定(NAFTA)」にもしっかり含まれていますよね!

しかし、「地理的な区分」を強調したのはとても重要で、文化的な観点でメキシコを見ると、メキシコ以南との結びつきの方が強く、中南米に含まれることもあります!(分かりにくいですね…笑)

その4:「タコス」という名前の料理はない?

出典 - https://www.hellofresh.com/recipes/pineapple-poblano-beef-tacos-59a83c57a2882a59886519a2

見出しを読んで「そんなはずはない!」と思った方は多いはずでは。確かにスペイン語のメニューにもしっかりと「タコス(Tacos)」と表記されているので、「タコス」が名前だと思いますよね。日本語でも一般的に「タコス」と呼ばれるこちらの料理ですが、本当の名前は「タコ」なんです。しかし、「タコス」と呼ばれることにはきちんと理由があります。タコスの「ス」は複数形を意味しているのです。そのため、2つ以上あれば「タコス」になりますよ!

その5:首都はDF?メキシコシティ?

「メキシコシティじゃなくてDF(連邦区)なんだよ。」というのは、メキシコを知っている方なら言ったことや聞いたことがあるはずでは?実は、小学校などで世界の首都を学ぶときにはメキシコの首都は「メキシコシティ」と習ったという経験がある方も多いのではないかと思います。もしくは「メキシコシティ」でも正解のような形で教えられていたと覚えています。「でも正解」とはどういうことなのかというと、正確にはメキシコシティの中にあるDF(連邦区)と呼ばれるところだけが、首都として規定されていたのです。

しかし、これはもう過去の話です。2016年1月29日に行われた憲法改正で、首都はDF(連邦区)からメキシコシティに拡大されました。そのため、今では首都はメキシコシティで正しいということになります!

ちなみに…

日本語が公用語規定されされてる国は世界に1カ国だけなのですが、当然日本と思いきや、違うんです。正確には国家公用語ではないのですが、パラオ共和国のアンガウル州の憲法で公用語に規定されています。公用語といっても現在は使用されておらず、象徴的になっているだけのようですが。

そして少し語弊があるかもしれませんが、実は日本は何も決まっていない国だと知っていましたか。日本の公用語は日本語、日本の首都は東京、日本の国歌は君が代だと思っている方がほとんどだと思います。なぜなら、学校でそう習ったはずです。しかし、実はいずれも憲法規定はありません。そのため日本の公用語などに関して、ウィキペディアなどではよく「事実上」という表現が使われています。そして日本の正式名も定まっていません。日本でも日本国でもよく「にほん」でも「にっぽん」でもいいそうです。

今回は意外と知られていない、メキシコの基本的なことについてまとめてみました。皆さんはいくつご存じだったでしょうか?メキシコにかかわらず、長い間関わっていても、意外と知らないことが案外多かったりしませんか。ちょっとした疑問も、放っておかず少し調べてみると新たな気づきに出会えるかもしれません。

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: 大学を休学し、amigaを運営するEncounterで働き中。旅行とファッションと美味しいものが生きがいで、最近は写真好きが高じてSNSにはまっています。そんな私だからこそな記事を提供できればと思います!

特集

amigaピックアップ