関連キーワード

特集

2019/09/03

中南米5番目の日本人学校!グアナファト日本人学校の1日

子どもを連れてのメキシコ渡航には不安がつきものでは無いでしょうか。異国の地でも子どもの教育はしっかりしたいと考えられることも多いのでは。今回はイラプアトに位置し中南米で5番目に大きいといわれる「グアナファト日本人学校」の1日をご紹介します。

1日の流れ

・8:40登校完了

レオン北部、セラヤから1時間半かけて登校する児童・生徒もいます。

遠いところから通う子どもが多いため、日本の一般の学校よりも始業時間は少し遅めに設定されています。

・朝の読書(10分間)

朝は250冊ある学校の図書もしくは、国語や道徳の教科書を読む時間が設けられています。

・朝の会

クラス毎に、1日の連絡などが行われます。

・授業(×3)

9:05に1時間目が開始され、休み時間を挟みながらまず、3時間目までが行われます。日本のイメージだと4時間目後に昼食かと思いますが、グアナファト日本人学校では、始業時間を遅らせている分お昼前の授業は3時間目までとされています。

・昼食の時間、お昼休み

・授業(×3(4))

・帰りの会

帰りの会では翌日の連絡などが行われます。

・帰宅

低学年から順に帰れるようにバスが出されています。しかし、遠くの場所まで2便出すことは難しいため、その場合は高学年の児童・生徒が終わるまで低学年の子ども達には学校で待機してもらっています。その時間には、先生に宿題を見てもらえたりと無料の塾の様に活用されています。バスの最終便は16:45発です。

児童・生徒数の増加、また新校舎への移動に伴い部活動の発足も検討されています。

日本の学校との違い

日本人学校では、日本の学校教育課程に則った教育が行われてますが、いくつか違う点もあります。それはスペイン語と英会話の時間が設けられている点です。せっかくメキシコに滞在するのに、日本人学校に通っていてはスペイン語が習得できないのではと感じている方ご安心ください。スペイン語と英会話の授業は各1時間行われています。

また、2019年度は10月27日に開催予定である運動会ではメキシコの民族舞踊を取り入れたり、家庭科の授業ではメキシコの伝統料理の作り方を教えたりする予定もあるそうです。

そのほかにも修学旅行では、アメリカのシカゴやヒューストンに向かうなど、メキシコならでは、またメキシコにいるからこそ体験できる内容も非常に多いです。

校長からのメッセージ

本校は2017年11月29日、日本人学校設立検討委員会において当地に「日本人学校をつくる」ということが総意決定しました。その後、日本人学校設立準備委員会が発足し延べ数百人の委員が会議を繰り返し2019年4月10日に開校を迎えた学校です。開校当初は30人にも満たない学校でしたが、現地校の年度末前に編入生が増え始めました。現地校の年度末を迎える7月はじめには40名にのぼる在籍数を数えることができています。また、夏休み後の9月にはさらに多くの編入学希望者を迎え50人を超える学校になります。文字通り、日本人を対象とする学校です。しかし文部科学省が示す学習指導要領に則ったカリキュラムで授業を行うため、最低条件として「日本語による授業を通訳なしに理解できること」が求められますが、国籍に縛りはありません。設置学年は小学1年生から中学部3年生までの9学年です。学習指導要領による授業のため、日本国内の学校とまったく同じ科目を同じ時間数で学習します。私事になりますが、以前は補習授業校で勤務しており、この4月からグアナファト日本人学校で勤務するようになりました。教室から楽器の演奏や音声が、校庭からはラジオ体操の様子や掛け声が聞こえると、「これでこそ学校だ!」と嬉しく感じる部分もあります。9月からは新校舎に移り、いっそうの充実を図り、在留邦人の期待に応えるよう更なる「学校らしさ」の実現を目指した学校経営を続けます。今まで以上に保護者の皆さんのご協力をお願いいたします。新たに集められた全教職員が「立派な新設校づくり」を目指して力を合わせています。もちろん、全児童生徒も同様の意気込みで学校生活を送っています。今、グアナファト日本人学校への入学を予定している方はもちろん、迷っている保護者の皆さん、私たちとともに「グアナファト日本人学校づくり」に足跡を残しませんか。新設校ならではやりがいもあり、とある〇周年記念日に「あの時、私たちが関わったんだ」と草創期に関わった日々を感慨深く迎えることができることでしょう。

編入学者募集案内

学校詳細

グアナファト日本人学校

住所:Calle Palmira 371 Ex Hacienda del Copal C.P.36824 Irapuato, Guanajuato

ホームページ

関連記事

バヒオ地区に新たな日本人学校が開校!グアナファト日本人学校に迫る!
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ