美味しいワインで乾杯!「Caminos D’Vinos」のワイナリーで収穫祭

グアナファト州シラオ市にあるLintel Parksが経営するワイナリー「Caminos D’Vinos」。メキシコで注目のワイナリーにて収穫祭が開催されました!標高約2,400mにて行われた収穫祭の状況をお伝えします!

収穫祭主催「Lintel Parks」

今回のイベントのホスト会社はLintel Parks(リンテルパークス)というバヒオ最大規模の工業団地デベロッパーです。主な事業として最適な工業団地の提案・サポートや太陽光発電等の電力事業を行っており、2016年12月には日鉄物産株式会社と総代理店契約を締結しています。現在は日鉄物産から佐藤さんがリンテルパークス社へ出向し、日系企業のメキシコ投資のトータルサポートを行っています。

そんなメキシコ最大手の工業団地開発事業社であるリンテルパークス社が第3の事業として行っているワイン事業が「Caminos D’Vinos」の経営です。現在所有するブドウ畑は10haにも及びます。

リンテルパークス社長 Jacobo Gardea(ハコボ・ガルデア)氏

リンテルパークス社の社長のハコボ・ガルデア氏にワイン事業のお話を伺いましたので、その様子をご紹介します!

ーどのようにワイン事業が始まったのでしょうか?

この事業は小規模で高品質なホテルの様な、日々の生活と休日を分ける空間を作ろうとして始めました。

グアナファトの地でワイン事業は、ぶどうが上手く育つかどうかを確かめる実験から始まりました。その実験は、途方もない壮大なものでした。実は、ラテンアメリカの高地にはブドウ園が存在しないのです。海抜2,350メートルのこの地では、ブドウを収穫できるかどうかすらわかりませんでした。また元々この地域は鉱山地帯でした。そのため石が多く、土壌のタイプも複雑でした。そのため、多くの人々が「この実験は上手くいかないだろう」と言いましたね。

しかし私たちは幸運にも、ワインの知識を豊富に持つ仲間に恵まれ、様々な実験を経て、私たちはワイン事業の成功を確信しました。

ーメキシコワインの将来性はどの様に考えていますか?

メキシコワインは今とても成長しています。メキシコでは植民地時代からワインが生産されていますが、現在はメキシコのワイン消費量の大部分を輸入に頼っています。しかしメキシコのワイン消費者は、メキシコワインの将来性を高く評価しています。

ーワイン事業の今後の見通しを教えてください。

現在でもすでに、いくつかのアイデア持っています。今まず私たちがするべきことは、ブドウ園を拡大してメキシコの大きな市場をカバーすることです。今後5年間で、より強力な生産が可能になることを期待しています。しかし、私たちのぶどう園は他のぶどう園とは環境が違います。通常ぶどう畑は、地形が良好な場所にありますが、わたしたちのぶどう畑は斜面にあります。

それでも近い将来グアナファトの美しい山々に、ぶどう畑が広がっていくことだろうと思っています。私たちはグアナファトでのワインビジネスのパイオニアにならなければなりません。

ワインに舌鼓を打つ

グアナファト州シラオ市にあるワイナリー「Caminos D’Vinos」で催された収穫祭(Vendimia)。収穫したブドウを「皆で共有して楽しむ」ことを目的に毎年開催されており、今年で5回目を迎えました。標高約2,400mの高地に、約1,100人もの来場者がワインを楽しみに集まりました!

こちらは来場者がワインとコース料理を楽しむ会場。ワインはもちろん飲み放題!

フルボディータイプの赤から甘く飲みやすいロゼ、そしてデザートワインまで計5種類のワインを堪能できます。

また会場にはライブステージも併設され、心地よい音楽が演奏されました。格別なワインと音楽ライブの中、来場者はワインを片手にamigo(友達)と楽しんでいました。

こちらはロゼワイン。ロゼはフランス語で「バラ色」という意味です。赤ワインのコクと白ワインの飲みやすさを合わせた、甘くて美味しいワインです。色もオレンジがかったピンク色で目を奪われてしまいます。

サービスをしてくれる方々もやる気が入っています!皆さん素敵な笑顔!

料理に合わせて様々なワインを提案してくれました。現地の方との交流も楽しみのひとつですよね!

イベント会場と仕掛け

来場人数は約1,100人。会場には参加者を楽しませる仕掛けが目白押し!

①屋台

入り口をくぐるとワインに関連する商品やグッズはもちろん、葉巻やはちみつなども販売されていました。

②ぶどう踏み体験

ワイナリーの伝統的なイベントである「ぶどう踏み」。由来は所説ありますが、ぶどうの収穫祝いと美味しいワインができることを願って行われるそうです。一生に一度できるかどうかの貴重な経験です。

実際に筆者も体験してみました!音楽に合わせて手綱を握りながら、ぶどうを踏みます。ぶどうのみずみずしさを足で感じることができました。

③ワインテイスティング

ワイン好きにとって見過ごせないイベント、ワインテイスティング。素敵な空間で、さまざまな赤ワインを試すことができました。

④花火

日が暮れると、会場の雰囲気はより幻想的になりました。

そして花火が始まると、参加者のボルテージは最高潮に!光と音、ぶどう畑の共演は圧巻でした。

まとめ

メキシコの「ぶどう収穫祭」いかがでしたでしょうか?

「Caminos De Vinos」では毎週木曜日から日曜日までワイナリー見学ツアーを行っています。2015年に開園されたばかりのまだまだ新しいワイナリーですが、ワインのクオリティは間違いなし!これからの知名度の更なる拡大が期待される注目のワイナリーのひとつです。

自然豊かなリラックスできる空間でワインをゆっくりと楽しまれてはいかがでしょうか?

場所:Caminos D’Vinos

住所:CARRETERA SILAO - SANGRE DE CRISTO KM 11, COMUNIDAD SANGRE DE CRISTO, 36243 Guanajuato, Gto.

Google Maps

関連記事

グアナファト新観光スポット!「Caminos D’Vinos」のワイナリー見学ツアー
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ