2019/06/05

メキシコそしてペルーへ!今が熱いラテンアメリカで合宿

経済発展の著しいラテンアメリカ諸国。スペイン語話者人口の拡大も続き「スペイン語」への注目も高まっています。スペイン語圏「メキシコ」と「ペルー」を舞台に、その文化とその地の可能性を直に経験してみませんか?

応募・お問い合わせフォーム

ラテンの国でビジネスを

・ラテンの文化に触れたい

・スペイン語を学びたい

・語学力を活かしたい

・異文化の地で仕事がしたい

・新興国でのビジネスにチャレンジしたい

そんな方にぴったりな合宿がラテンアメリカはメキシコとペルーの2か国で開催されます!

まずは、開催地についてご紹介。

メキシコ・Mexico・México

出典 - http://jst-air.com/wp/mexicocity/

国土が広く、人口も多いラテンアメリカ諸国。なかでもメキシコはアメリカに接するという地理的メリットもあり、自動車産業などの製造業を軸とし大きな発展を遂げています。まだまだ可能性を秘めるメキシコですが、既にラテンアメリカ内ではブラジルに次いで第2位の経済大国です。メキシコ経済についてもっと知りたい方は是非こちらも合わせてご覧ください。

メキシコが熱い!メキシコ経済とその市場規模は如何に
出典 - https://tg.tripadvisor.jp/news/advice/colors-in-guanajuato/

メキシコでの合宿の舞台は「グアナファト」。グアナファトと聞くと世界遺産に指定されているカラフルな街を思い描かれるかもしれません。しかし、グアナファトにあるものはカラフルな観光資源だけではありません。実は、近年メキシコ経済を牽引しているといっても過言ではない自動車産業は「バヒオ地区」と呼ばれるこのグアナファト及びその周辺で特に発展しているのです。トヨタやマツダ、日産やそれらの関連企業を始め非常に多くの日系企業が進出しているのもこの地域です。メキシコの観光業と製造業が詰まったグアナファトは、メキシコの今を学ぶには最適な場所ではないでしょうか。

メキシコの日系企業についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

メキシコの日系企業とその進出先

【メキシコ担当】

現地パートナー:Encounter Japan Inc.

“最高の仲間と共に、日本とメキシコが世界中の人々に愛される世界を創る”をミッションに、日本とメキシコのグアナファトを拠点に、飲食・宿泊施設の運営事業を事業軸に、企業向けにグラフィックデザインや動画制作を行うデザイン・クリエイティブ事業やメキシコに特化した総合情報メディアamigaの運営、海外向け日本産品のブランディング事業などを行う。

Encounter Japan ホームページ

ペルー・Peru・Perú

出典 - https://world-note.com/peru-civilization-mysteries/

ブラジル、メキシコに続く経済市場として現在期待がされているのが「ペルー」。安定した経済成長が続いているほか、ペルーには日本人が入り込みやすい環境があるんです。

実は、ペルーは日本と中南米諸国の間で最初に国交が結ばれた国で、組織的な日本人移民の受け入れを初めて行った南米の国でもあります。現在では約10万人の日系人がペルーで生活してます。ラテンアメリカには多くの日系人が居住しており、日系人のコミュニティが築かれていることも珍しくはありませんが、なかでもペルーはラテンアメリカにおいてブラジルに次ぐ第2位の日系人人口を有します。そのため大きな活躍をしている日系人も多く、以前には日系人のフジモリさんが大統領を務めたこともあるほどなんです。

また、2019年は日本人移民受け入れ120年の節目に当たります。そんな節目の年に、是非一度ペルーへ足を運んで実情にその生活や文化に触れてみませんか。

出典 - https://www.apeseg.org.pe/algunos-datos-interesantes-sobre-lima/

ペルーでの合宿の舞台は、南米有数の大都市「リマ」。ペルーの首都であり、ビジネスの中心地でもあります。今回の合宿では、勢いのあるペルーの若い起業家や日系人コミュニティとの交流ができます。日本人ではなく日系人と交流するからこそ触れられる日本の文化・慣習の伝わり方を知り、「日本」について感じ、考えるいい機会になるはずです。

【ペルー担当】

現地パートナー:SWYAA PERU

内閣府「世界青年の船」事業参加青年による事後活動団体。

毎年、日本からの視察、スタディーツアーの受け入れや、現地学校や企業にて、ボランティア、ワークショップ等を開催。

SWYAA PERU ホームページ

五感で感じるラテンアメリカのビジネスの今

今回のラテンアメリカ合宿は、現地の企業や起業家、現地で働き生活する人々を生で観て交流するだけではなく、参加者が実際に考えて行動するプログラムでもあります。

実際にラテンアメリカの地「メキシコ」と「ペルー」で活躍する企業や起業家、また現地の人々との交流を通してラテンアメリカの社会や文化、経済を知り、市場分析力・企画力・提案力・発想力を高めませんか。また、長期のインターンや留学を考えているけれど、現地について知らないことが多くて不安だと思っている方にも是非オススメです!

成長する2週間を

出典 - https://careerticket.jp/media/article/672/

合宿では目標設定を参加者自身が立ててからスタートします。そして、その目標の達成のために他の参加者及び現地の人々の多様な価値観に触れながら活動をします。旅行や語学留学では得ることのできない、貴重な体験ができるはずです!

身に付く力・得られる経験

・ラテンアメリカの発展と可能性を直に感じられる

・ラテンアメリカでのビジネスを知れる

・同じ志を持つ同世代との出会い

・企画力

・プレゼン力

・実際の起業家のからの意見、フィードバック

・日本とラテンアメリカの関係の展望を知れる

・異文化理解

・コミュニケーション力

こんな人を求めています

・メキシコやペルー、ラテンアメリカに興味のある人

・スペイン語や英語を使って働きたい人

・夏休みに海外で挑戦をしたい人

・新興国市場に挑戦したい人

・将来海外で起業したい人

・新しい挑戦をしたい人

応募・お問い合わせフォーム

ラテンアメリカ合宿詳細

研修先:グアナファト(メキシコ)、リマ(ペルー)

研修期間:8月12日(月)~8月27日(月)

日程:

8月12日(月)メキシコシティ着(メキシコ)グアナファトへ移動

※15時ごろまでに到着

8月13日(火)プログラムスタート

8月13日~18日 メキシコプログラム@グアナファト

8月19日(月)グアナファト(メキシコ)ーリマ(ペルー)間移動

8月20日~25日 ペループログラム@リマ

8月26日(日)プログラム終了

8月27日(月)リマ発※何時出発の便でも問題ないです。

※現地集合現地解散

※最小催行人数は15名の予定です。

※予定は一部変更する可能性がございます。

事前研修:7月20日(土) 15:00~18:00

事後研修:10月5日(土) 15:00~18:00

また、プログラムにはメキシコでのスペイン語研修も含まれます。スペイン語の研修についてはご希望により増やすことも可能です。

情報

報酬・手当:なし

必要なスキル・資格:なし

※企業訪問は英語で行います。

歓迎条件:スペイン語

【全体コーディネート】

コーディネーター:タイガーモブ株式会社

タイガーモブ ホームぺージ応募・お問い合わせフォーム
1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ