2019/10/06

【短期インターンレポート】メキシコで現役大学生がレストラン売上向上に挑む!

海外インターンの紹介を行なっているタイガーモブ株式会社との共同イベントとして、8月12日~8月18日まで世界遺産であるグアナファトにて短期合宿を行い、現役大学生の3名の方が参加しました。今回はインターン内容とインターン生の活躍をご紹介します!

短期インターンプログラムの実施内容

【ミッション】

Encounter Japanがグアナファトにて運営する日本食レストランの売上を前年度の土曜日平均の120%にする!

弊社で運営している日本食レストラン「Encounter Guanajuato」の売上を様々なPR方法を用いて拡大に挑むというミッションです。期限は1週間。彼らはどんな手法でこのミッション達成に取り組むのでしょうか。

Hostal & Bar Encounter Guanajuato

スペイン語と英語を駆使して行なった自己紹介

ミッションに取り組む前に経理担当、ホステルのスタッフといったメキシコ人に対して英語とスペイン語を使って、自己紹介をしました。スペイン語を使い、必死に伝えようとしているのが写真からもわかります。この時にすでに英語、スペイン語の重要性に気づいているように見えます。

「食」について学んだ、スペイン語レッスン

メキシコ人の講師を呼び、1時間のレッスンを4回行いました。レッスンの内容は「食」に関するものが中心で食べ物の名前、調理に使用する道具の名前、レストランでの接客方法と様々なことを学びました。レッスン前に比べると簡単なスペイン語でのコミュニケーションが出来るようになっており、成長を実感する良い経験になりました。

現地のメキシコ人と交流したインテルカンビオ

インテルカンビオとは、日本語を学んでいるメキシコ人とスペイン語を学んでいる日本人 がお互いの言語を教え合うイベント!Encounter Guanajuatoでは、毎月第2火曜日に行っています。また、レオンにあるGoenでは毎週第4日曜日に行なっています。

今回はメキシコ人日本人含めて約15名が参加しました!インターン生たちもスペイン語と英語を使ってコミュニケーションを取り、言語を勉強しながら交流するという良い体験になりました!

インテルカンビオ詳細【amigaイベントレポート】スペイン語×日本語のインテルカンビオの様子をお届け

突撃!日本人経営者インタビュー!

グアナファト市及びレオン市で、「食」に関して経営されている3名の日本人の方にお話をお聞きしました。みんな最初は緊張していましたが、話を進めていくうちに魅力的な経営者のお話に興味津々でした!

惣菜料理を中心にグアナファトに2店舗経営している青柳正則さん

Encounter Guanajuatoと共同経営しているデリカミツのオーナーであるノリさん(写真一番右)。以前に青年海外協力隊として働かれていたベリーズでの職場経験の話、メキシコ人とベリーズ人の仕事に対する取り組み方の違い、教育制度における違いを学生の方々に熱弁してくださいました。

【インタビュー】グアナファトから 「惣菜/SOZAI」を世界に広める

グアナファトで絶品ケーキ屋さんを運営している武田孝久さん

グアナファトの中でも地元の人が多い、Embajadoras(エンバハドーラス)に「mucho pan」というケーキ屋さんを構えるたかさん。(写真右から2番目)

以前に働かれていた学校でのお仕事内容、その中での仕事における葛藤、現在経営されているmucho panをパウリーナさんと立ち上げるまでの軌跡、インスタグラムを使った広報戦略等々、「好きなことを突き詰めれば仕事に繋がる」といった話をしていただきました。

日本人とメキシコ人が繋ぐ味!グアナファトの絶品ケーキ屋さん「MUCHO PAN」

和牛でメキシコマーケットに挑む新田翔さん

メキシコで和牛を卸している翔さん(写真左から2番目)には、前職の商社マン時代の話から和牛と国産牛の違いと幅広い話しをしていただきました。「1番になりたい」という気概を持った新田さんの話しに学生の心が動かされていたのが印象的です。

【インタビュー】和牛でメキシコのマーケットに挑む日本人ー新田翔ー

売上向上戦略を試行錯誤!~まさかのメキシコでビラ配り!?~

(※実際に配ったチラシ)

売上目標から平均客単価を割り、どれくらいの人が実際に来たら目標を達成できるのかを算出したりと逆算思考を行いました。その後に準備期間を考慮し、新商品を販売するのではなく、グアナファトのレストランで唯一取り扱っている日本酒をPRすることに。

ただ単にPRするのではなく、3種類を利き酒することができるという体験型でPRをするという付加価値のある販売をすることに。実際のPRとして慣れないスペイン語を何とかして駆使し、プロジェクトに向け、テアトロ・フアレス劇場前にある公園で100枚のチラシを配りました。

準備万端の状態で望んだ、プロジェクト当日

準備の時に配ったチラシのみならず、朝から更にチラシを100枚配り、準備万端。

営業開始直後から、お店の前で呼び込みを行い、良いスタートを切ることができました。

PRしていたお酒の販売も数多く注文が入り、通常時よりも売れ行きがかなり◎

気になる売上の結果は目標としていた120%を大きく上回り140%と大幅達成!!!

見事に達成しました!!!PRと呼び込みの効果は絶大!!!

参加者から一言

話を聞かせていた方はみんな何かに挑戦している人ばかりでとても刺激になりました。ミッションについてもチームのメンバーでそれぞれ得意な分野で役割を持って自分にできることができたと思います。1週間と短い期間でしたが、今後の自分が何をしたいか考える貴重な経験をたくさんできました。お世話をしてくれた方、チームのメンバーからたくさんのことを学ばせていただきました。貴重な経験をありがとうございました。(K・Sさん)

2週間のプログラム中メキシコの期間は1週間と短かったですが、参加してよかったです。西側さんはじめ、エンカウンタージャパンの方々やインタビューを受けてくださった方、私たちのためにお時間を割いていただき感謝しています。私自身初めて会う人の価値観に触れることに価値を感じており、日本人として海外で働くこと、外国人と一緒に働くことをリアルにイメージすることができました。できないこと、反省点が明確になり、将来付加価値のある賢い大人になるために必要な考え方を教わったと思います。ぜひ他の大学生にも早い段階で参加することをおすすめしたいです。  (Y・Wさん)

今回のグアナファトでのプログラムに参加して、僕は日本では学ぶことのできない、海外で働くとはということを学ぶことが出来ました。 1週間という短い期間ではありましたが、プログラムに参加する前と比べ、僕自身の考え方が180度変わりました。グアナファトで経験したことは僕にとってお金には変えられないもので、お会いした方々のお話はここ以外では聞けないお話ばかりでした。今回は貴重な機会を頂き本当にありがとうございました。

(K・Mさん)

まとめ

(※最後は弊社代表の西側と撮影)

1週間という短期間ながらもメキシコという異国の地で見事にミッションを達成しやりきった学生は本当にすごいと思います。参加者の方々はみんな真面目で話を真剣に聞く姿勢、自分自身を変えるきっかけにしたいという意思が伝わってきました。

これまでにない「新しい価値観」と出会えた。将来メキシコで働くという「新たな選択肢」が増えたといった声をいただくことができました。

今回の合宿が参加者の人生にとって実りのあるものになれば嬉しい限りです。

来年の春休みの時期に2週間かけてメキシコシティとグアナファトでの短期インターンを現在考案中です。興味のある方は引き続きamigaをチェックしてください!

1/1
お気に入り

著者情報

紹介文: amiga編集部です。メキシコに関心のある皆さまに「安心」と「ワクワク」を届けるメディアとして、毎日メキシコ情報を発信していきます。

特集

amigaピックアップ